テーマ:楽しんでいる

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 26偈

26 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は安らぎを楽しんでいる。                                                以上第15章 念(おも)いを落ちつけて (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 25偈

25 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は瞑想を楽しんでいる。 (ダンマパダ301 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、その心は昼も夜も瞑想を楽しんでいる。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この偈で、「瞑想」と訳されている言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 24偈

24 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は無所有を楽しんでいる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「無所有」という言葉は、無色禅定の一つ「無所有処」(何もないものを対象とした禅定)の意味にも取れますが、そのような高度な禅定に入っても解脱とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 21偈

21 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は遠ざかり離れる孤独(ひとり)を楽しんでいる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「心は遠ざかり離れる孤独(ひとり)」に関連する理法として、SRKWブッダは次のように説かれておられます。 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 17偈

17 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜もその心は不傷害を楽しんでいる。 (ダンマパダ300 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、その心は昼も夜も不傷害を楽しんでいる。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回の偈のポイントは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more