テーマ:生きる

41.心が離れたら身体は大地に横たわる

ダンマパダ 第3章 心 41 ああ、間もなくこの身体は 大地の上に横たわるだろう 意識を失い、捨てられた 無用の丸太のように 〇超訳の試み 心が身体から離れたら 死ぬと言うことですが 身体は大地に横たわる 捨てられた無用の丸太のように 〇子供のためのダンマパダ 眠った人は立てないよ 心…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

不放逸死なない道だ放逸は生きていながら死んでるようだ

ダンマパダ 21、22、23 不放逸は不死の道だ 放逸は死の道だ 不放逸の人々は死なない 放逸の人々は死んでるようだ このことをはっきり知って 不放逸な賢者たちは 不放逸を喜び 聖なる境地を楽しむ 彼らは堅忍不抜で 常に強い努力の瞑想者である 賢者たちは束縛から離れて 最高の涅槃を体得する …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more