テーマ:慈悲

満足と 慈悲の心で 安心だ 死を恐れずに 一人で歩く<再42>

○ワン爺さんの独り言<42> ・・・ 一人の楽しみを 知ったのならば、 どんなことにも 堪えられる。 42.第1 蛇の章 3.犀角経 8. ○毎田周一先生訳 この世のどこへ行っても物を傷めず あるだけのもので満足し どんな危険にも堪へて恐れることなく 犀の角のようにただ一人歩いてゆこう ○…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

現れる 怒りの毒消す 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再1>

○ワン爺さんの独り言<1> ・・・ やさしい気持ちがあれば 怒りは現れません。 怒りが現れないように やさしい気持ちを育てましょう。 1.第1 蛇の章 1. ○スマナサーラ長老訳 体に入った蛇の毒をすぐに薬で消すように 生まれた怒りを速やかに制する修行者は、 蛇が脱皮するように この世とかの世とをともに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

誠実で 傲慢でなく いつわらず 悪口言わず 利己心超えよ<941>

○少年少女のためのスッタニパータ<941> ・・・ やさしい人は おだやかで、 欲や少なく、 怒ることがない。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 7. ○毎田周一先生訳 941. 静かな人は おだやかに 誠を尽くし  心豊かに ひとを謗らぬ人であり 怒りを離れ 貪りの禍いと 利己心とをこえ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

戒律を 破ったりすれば おののいて 戒ある生活に 戻ろうとする<899>

○少年少女のためのスッタニパータ<899> ・・・ 殺してはいけないから 殺さないのではない。 慈しみの心があれば 殺せないのです。 第4 八つの詩句の章 13.大集積経 5. ○毎田周一先生訳 899. 彼はもし戒律を破ったりすれば 罪のある行いをしたといってふるえおののき 再び戒律の生活へ帰って清らか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

前中後 正しく供養 行えば 梵天界に 生まれ変われる<509>及び<あとがき>

○少年少女のためのスッタニパータ<509> ・・・ インドのバラモンたちは 梵天の神々に 生まれ変わりたいと 思っていたのですね。 第3 大きな章 5.マーガ経 23.<あとがき> ○中村元先生訳 509 尊き師は答えた、 「マーガよ。三種の条件を具えた完全な祀りを実行するそのような人は、 施与を受け…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どのように したら梵天に なれるのか 輝く人よ 教えて下さい<508>

○少年少女のためのスッタニパータ<508> ・・・ 梵天と同じ心になれば 梵天になる。 慈悲の瞑想すれば 梵天になる。 第3 大きな章 5.マーガ経 22. ○中村元先生訳 508 (マーガがいった)、 「誰が清らかとなり、解脱するのですか? 誰が縛せられるのですか?  何によってひとはみずから梵天界…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貪りと 怒りを払って 怠らず 無量の慈心 世界に満たす<507>

○少年少女のためのスッタニパータ<507> ・・・ 立っている時も、 歩いている時も、 坐っている時も、 横になっている時も、 眠っていない限り、 慈悲の念を保って下さい。 第3 大きな章 5.マーガ経 21. ○中村元先生訳 507 かれは貪欲を離れ、憎悪を制し、 無量の慈しみの心を起して、 日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生きものを 殺し奪って たち悪い これが生臭 肉食ではない<247>

○少年少女のためのスッタニパータ247(9) ・・・ どんな小さな生きものも 死にたくはないと思っています。 お母さんとお父さんがいます。 それらの生きものを 悲しませてはいけません。 殺してはいけないのです。 247.第2 小さな章 2.生臭経 9. ○中村元先生訳 247 この世でほしいままに生き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あの方の 心そのまま 行いと 言葉に現れ 称賛すべき<163A>及び<163B>

○少年少女のためのスッタニパータ163A.163B. ・・・ お釈迦様には智慧がある。 お釈迦様には慈悲がある。 お釈迦様の行いは優雅で、 お釈迦様の言葉は優しい。 お釈迦様は素晴らしい。 163A.163B.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 12.13. ○毎田周一先生訳 163A 「気高い方の心が 行ひに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その人は 慈悲の心で 働くか 快不快なく 行動するか<154>及び<155>

○少年少女のためのスッタニパータ154.155. ・・・ 好きな人にも 嫌いな人にも 差別しないで、平等に 付き合えますか? 154.155.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 2.3. ○毎田周一先生訳 154(2) 「その人の心は             と雪山に住む者が問ふた すべての生きものと一つに融…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

母親が その一人子を 守るように 全生命を 慈しみましょう<149>

○少年少女のためのスッタニパータ149. ・・・ あなたのお母さんが あなたを育てたように、 全生命に対する 優しい心を育てましょう。 149.第1 蛇の章 8.慈経 7. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 149(7) あたかも母が、たった一人の我が子を、 命がけで守るように、 そのように全ての生命に対し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものに 慈悲の心の ない人は 心の賤しい 賤民と言う<117>

○少年少女のためのスッタニパータ117. ・・・ 生きものをいじめる人は 自分の心をいじめているのです。 痛々しい心の声を 聞いてください。 117.第1 蛇の章 7.賤民経 2. ○毎田周一先生訳 一度生まれる(胎生の)ものでも 二度生まれる(卵生の)ものでも この地上の生物を傷つけ そのような生きも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

満足と 慈悲の心で 安心だ 死を恐れずに 一人で歩く<42>

○少年少女のためのスッタニパータ42 ・・・ 知らない土地に行っても、 慈悲の心があれば大丈夫。 食べ物が少なくとも、 満足できれば大丈夫。 42.第1 蛇の章 3.犀の角経 8 ○毎田周一先生訳 この世のどこへ行っても物を傷めず あるだけのもので満足し どんな危険にも堪へて恐れることなく 犀の角のやう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生きものに 暴力振るわず 殺さない 殺させもしない 彼はバラモン(405)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ なぜ殺してはいけないの? 君は殺されたどうですか? 嫌だ。 だから殺してはいけないよ。 ○パーリ語原文と訳語 ニダーヤ   ダンダン   ブーテース Nidhāya   daṇḍaṃ     bhūtesu, 下に置…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

比丘たちは慈悲の心で生活し業のできない境地体得(368)

ダンマパダ 第26章 比丘 368 慈しみの心で生活し 仏陀の教えを確信する比丘は 業ができない安楽な 静寂の境地に到達するだろう 〇この詩の理解に参考になるお経  「慈 経」 1.[解脱という] 目的をよくわきまえた人が、静かな場所に行ってなすべきことは [以下の通りである。] 何事にもすぐれ、しっかりし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものに暴力振るわず殺さない殺させもしない彼はバラモン

ダンマパダ 405 動くものでも動かないものでも 生きものに対して暴力を振るわず 殺さず、殺させもしない人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと この詩と同様の内容のダンマパダの詩があります。8月23日に記載した270番の詩です。 生命を殺す故に 聖者になるのではない 一切の生命を殺さない …
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more