テーマ:別々のもの

認識の四段階

昨日、書いた「負けるが勝ち」について、少し整理すると次のようになるでしょう。 第一段階、勝ちと負けが別々のものと認識している。勝ちは嬉しい。負けは悲しい。 第二段階、勝ちと負けが別々のものではないと認識する。勝ちは負けがあるからある。負けがなければ勝ちはない。勝ちは負けによって成り立っている。勝ちは負けのおかげである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more