テーマ:ティッサ・メッティヤ経

欲望を 顧みないで 修行して 激流渡った 聖者を羨む<823>

○少年少女のためのスッタニパータ<823> ・・・ 本能といえども 克服できる。 真理を求める 志あれば。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 10. ○毎田周一先生訳 823. どんな欲望にも駆り立てられず そこから解き放されて生きてゆく静かな人は 既に盲目の命の流れを渡ってしまっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠離こそ 学ぶべきだよ この道が 涅槃のそばに 君を導く<822>

○少年少女のためのスッタニパータ<822> ・・・ 勉強の最後のところは 孤独な作業です。 考えることも憶えることも 一人で行うことだから。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 9. ○毎田周一先生訳 唯一人ということをどうしても学ばねばならない これが最も気高いことである しかしこれだけで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

性欲で 起こる災難 避けるため 独りで励み 独りですすめ<821>

○少年少女のためのスッタニパータ<821> ・・・ 災難に負けない 心を作るべきだが、 始めは危険に 近づかないことが必要です。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 8. ○毎田周一先生訳 821. こんな浅ましいことが この世間の前にも後にもあることを知って 静かな人はしっかりと唯一人の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

賢者だと 認められても 偽物は 欲に負ければ 愚者だと解る<820>

○少年少女のためのスッタニパータ<820> ・・・ 性欲も食欲と同じように コントロールするのが難しいが、 解脱という大きな目標を持てば 乗り越えられる。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 7. ○毎田周一先生訳 820. 唯一人の道をしっかりと進み 賢い人だと世間からも認められていた人が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

性欲で やましいところ ある人は 叱責されると 虚言を語る<819>

○少年少女のためのスッタニパータ<819> ・・・ 世の中にはセックスより 面白いものがいっぱいあるのだから、 それらをさがしてごらん。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 6. ○毎田周一先生訳 819. それというのもどうしても止められない 貪りのためであり 遂にはひたすら嘘の中へ身を …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

性欲に 負けた修行者は 非難され 思い煩い 惨めになるよ<818>

○少年少女のためのスッタニパータ<818> ・・・ 青少年のセックスはまだ早い。 本分を守らなければ非難され、 恥ずかしくなって、惨めになるよ。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 5. ○毎田周一先生訳 818. どうしたらよいかと思い煩い 彼は貧乏人のように考えて込む こういう人はひとが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

有名人 性スキャンダルで 没落す これに学んで 性欲捨てよ<817>

○少年少女のためのスッタニパータ<817> ・・・ アイドルやヒーローも 性スキャンダルあれば 人気が落ちる。 恋愛は御法度だそうだ。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 4. ○毎田周一先生訳 817. 彼がこれまでもっていた名誉も名声も すっかり消えてなくなってしまう そのことを思うに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

性欲に 負けた修行者は 人々に いやしい凡夫と さげすまされる<816>

○少年少女のためのスッタニパータ<816> ・・・ セックスに夢中になると 周りが見えなくなって 学校の成績も下がり みんなから馬鹿にされる。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 3. ○毎田周一先生訳 816. 今迄唯一人の道をいそしんでいたものも 性の関係に溺れるようになれば 道を外れ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

性欲に ほんろうされる者 そのために 教えを忘れ 聖道はずす<815>

○少年少女のためのスッタニパータ<815> ・・・ セックスに夢中になると 大切なことを忘れます。 少年時代には 心と身体の成長を第一に。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 2. ○毎田周一先生訳 815 「性の関係に沈溺(ちんでき)する者は         メッテーヤよ と世尊は答えられ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

性欲に ほんろうされた 修行者の 破滅のあり様 教えて下さい<814>

○少年少女のためのスッタニパータ<814> ・・・ 本能としての性欲は 楽しむためではなく 子孫を残すためと 考えた方がよい。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 1. ○毎田周一先生訳 814. 「性の関係に沈溺(ちんでき)するものが        と長老ティッサ・メッテーヤが尋ねた そ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more