テーマ:快楽

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第3章 愛執 第5偈

5 人の快楽ははびこるもので、また愛執で潤(うる)おされる。実に人々は歓楽にふけり、楽しみをもとめて、生れと老衰を受ける。 (ダンマパダ341) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 「人の快楽ははびこるもので、また愛執で潤(うる)おされる。」この文章はわか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第2章 愛欲 第2偈、第3偈

2 欲情から憂いが生じ、欲情から恐れが生じる。欲情を離れたならば、憂いは存しない。どうして恐ることがあろうか。 3 快楽から憂いが生じ、快楽から恐れが生じる。快楽を離れたならば、憂いが存在しない。どうして恐ることがあろうか。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

快楽に 耽ることなく 穏やかで 弁舌さわやか 離欲思わず<853>

○少年少女のためのスッタニパータ<853> ・・・ 甘いものの 食べ過ぎは危険です。 心がそれに依存して 身体は病気になります。 第3 八つの詩句の章 10.死前経 6. ○毎田周一先生訳 853. 快楽に耽らず  思い上がっていい気にもならず  おだやかで 機智に富み 自分の信ずることを人におしつけ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

快楽に とらわれている 人々は 解脱しがたい その気がないから<773>

○少年少女のためのスッタニパータ<773> ・・・ あなたに刺激を与えて うれしがらせたり 悲しませたりできますが、 心を成長させることはできません。 それは自分で行うことです。 第3 八つの詩句の章 2.洞窟八詩句経 2. ○中村元先生訳 773 欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水滴で ハスの葉濡れぬ そのように 欲で汚れぬ 彼はバラモン(401)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 子供のような大人もいます。 我がままで、怒りっぽい。 でも、大人のような子供もいます。 小さい子のせわをして、 欲しいものでも他の子にゆずる。 ○パーリ語原文と訳語 ワーリ  ポッカラパッテーワ Vāri    pokkharapatteva, 水    ハス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

快楽も 憂いと恐れの 原因だ 原因除けば 憂いがなくなる(214)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 麻薬はなぜいけないか やめられないほど気持ちがいいらしい やめられない人は ブレーキの壊れた車のように 暴走して事故にあう ○パーリ語原文と訳語 ラティヤー  ジャーヤティー  ソーコー Ratiy…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

水滴でハスの葉濡れぬそのように欲で汚れぬ彼はバラモン(401)

ダンマパダ 第26章 バラモン 401 ハスの葉の水のように きりの先の芥子粒のように 快楽に汚されない人 彼を私はバラモンと呼ぶ 〇この詩の蛇足  この詩の因縁物語は次のようなものです。かつてウッパラワンナー(ハスのように美しい)長老尼が森のなかで、暴漢に犯されたことがありました。それに、ついて比丘たちが話して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more