テーマ:癌細胞

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第34偈

34 この容色は衰えはてて、病の巣であり、脆くも滅びる。腐敗のかたまりで、破れてしまうであろう。生命は終に死に帰着する。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 私自身を振り返ると、年をとると身体に色々変化があることがわかります。まず、30代になると髪の毛が薄く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more