テーマ:自分の本心

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【省察】

(以下引用) 【省察】  自分ではない他人の過ちをどんなに正確に把握したとしても、それによって覚りを生じることはない。その一方で、他ならぬ自分自身の過ちを把捉したならば、それは覚りの重要な機縁ともなる。その具体的な方法が、省察である。修行者が理法に適ったあり得べき省察を為し遂げたとき、安らぎに至る確かな道を見い出すであろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more