テーマ:梵天

釈尊が 声なき問に 答えれば 皆は感激 手を合わすなり<1023>及び<1024>

○少年少女のためのスッタニパータ<1023><1024> ・・・ 自分のことも世の中のことも 分からないことはかりですから、 いろいろ疑問を持って、 質問できる時は質問すべきです。 第5 彼岸に到る道の章 1.序偈 48.49. ○中村元先生訳 1023 質問者がなにも声を出して 聞いたのでないのに、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

どのように したら梵天に なれるのか 輝く人よ 教えて下さい<508>

○少年少女のためのスッタニパータ<508> ・・・ 梵天と同じ心になれば 梵天になる。 慈悲の瞑想すれば 梵天になる。 第3 大きな章 5.マーガ経 22. ○中村元先生訳 508 (マーガがいった)、 「誰が清らかとなり、解脱するのですか? 誰が縛せられるのですか?  何によってひとはみずから梵天界…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わが供物 真の供物 あるように 世尊よ受けて 食べて下さい<479>

○少年少女のためのスッタニパータ479. ・・・ 尊い立派な方が 目の前におられれば、 礼拝するだけでなく、 お布施もしたくなるものだ。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)25. ○中村元先生訳 479 「あなたのようなヴェーダの達人にお会いできたのですから、 わが供物は真実…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

立つときも 歩くときでも 寝ていても 慈愛があれば 梵天と同じ<151>

○少年少女のためのスッタニパータ151. ・・・ 家族や先生や友だちに会った時は 挨拶をします。 その後に、 「幸せでありますように」 と声に出さずに、念じてみよう。 (たとえ、その人たちが嫌いでも) 151.第1 蛇の章 8.慈経 9. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 151(9) 立っている時も、歩い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

実例で 示してみよう この事実 非人の子供 かのマータンガ<137>及び<138、139>

○少年少女のためのスッタニパータ137.138.139. ・・・ 非人の子と言われたマータンガは、 家から離れ、出家して 欲を離れる修行して、 最高の神の心と同じ心になって 多くの人から尊敬されました。 137.138.139.第1 蛇の章 7.賤民経 22.23.24. ○毎田周一先生訳 137. 私が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

両親を 養えるのに 養わない 畜生以下の者 賤民と言う<124>

○少年少女のためのスッタニパータ124. ・・・ 父母は慈悲深い神様のような人 父母は赤ちゃんの時からの先生 父母は尊敬すべきお釈迦さまのような人 そのように思うべきです。 124.第1 蛇の章 7.賤民経 9. ○毎田周一先生訳 老衰してしまつた母や父を 自分にそれが出来るのに 養つてゆかないもの 彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダナパーラ 力の強い 白象は 食べ物取らず 母を案ずる(324)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ ダナパーラという象がいました。 その象は王様につかりました。 彼は森にいる眼の見えない お母さんを心配で何も食べられません。 ・・・ 王様はそのことを知って、 ダナパーラを放してあげました。 彼は森に帰って、 お母さんの世話をしました。 ○パーリ語原文と訳語 ダナパ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

千金を 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る(106)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マーセー  マーセー  サハッセーナ Māse     māse     sahassena, 月に     月に    千(回、金) ヨー  ヤジェータ   サタン  サマン yo    yajetha     sat…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神々も 魔も梵天も この人の 克己の勝利 くつがえせない(105)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ネーワ     デーヴォー ナ   ガンダッボー Neva       devo     na    gandhabbo, ない まさに  神は    ない  音楽神も ナ   マーロー  サハ  ブラフムナー na    mā…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダナパーラという名の白象は食べ物取らず母思う

ダンマパダ 324 ダナパーラという名の象は 激しい破壊力があり制し難い 捕まった象は食べ物を食べずに 象が住む森を心配する ○この詩から学ぶ  この詩はダナパーラという名の象のことを知らなければ意味が分かりません。ダナパーラという象についてはジャータカ物語455 養母象本生物語 (南伝大蔵経 第33巻 337~…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more