テーマ:疑い

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 1偈

1 裸の行(ぎょう)も、髻(まげ)に結(ゆ)うのも、身が泥にまみれるのも、断食も、露地に臥すのも、塵や泥を身に塗るのも、蹲(うずくま)って動かないのも、___疑いを離れていない人を浄めることはできない。  (ダンマパダ141 裸の行も、髻に結うのも、身が泥にまみれるのも、断食も、露地に臥すのも、塵や泥を身に塗るのも、蹲って動かない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

怒りも 嘘も疑いも 二つがあるとき 発生します<868>

○少年少女のためのスッタニパータ<868> ・・・ 嘘をつくのは、 損を避け得するためだが、 長い目で見ると 結果は逆になる。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 7. ○毎田周一先生訳 868. 怒りと嘘と疑いと これらも亦(快と不快との)二つに過ぎない そして思い惑う人は 修道者があれこれと…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

遊行者は 疑問があって 迷いあって ここに来ました 答えて下さい<510>

○少年少女のためのスッタニパータ<510> ・・・ 怖そうに見える先生でも 質問すれば、 喜んで答えてくれます。 勇気を出して質問しよう。 第3 大きな章 6.サビヤ経 1. ○中村元先生訳 510 サビヤがいった、 「疑いがあり、惑いがあるので、 わたくしは質問しょうと願って、ここに来ました。 わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more