テーマ:恐怖

怯えからの解放

ワン爺の独り言(2017年7月9日) 怯え、恐怖は私たちが安らげない最大の原因の一つです。怯えがなくなった状態はどんなに素晴らしいでしょう。怯えからどのようにして解放されるのかSRKWブッダから学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou157.htm 【怯えからの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貪欲と 怒りはここから 好き嫌い ここから来るよ 恐怖はここから<再271>

○ワン爺さんの独り言<271> ・・・ よろこびも かなしみも ここより現れ、 ここより消える。 第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経 2. ○中村元先生訳 271 貪欲と嫌悪とは自身から生ずる。 好きと嫌いと身の毛もよだつこととは、自身から生ずる。 諸々の妄想は、自身から生じて心を投げうつ、 ─…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

針毛夜叉 世尊を脅すが 驚ぬ 難問出すが どうなるだろう<再270の前の序>

○ワン爺さんの独り言<270前の序> ・・・ 智慧のある人は 怖れるものがない。 恐怖が何か 知っているから。 第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経<270の前の序> ○中村元先生訳  わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はガヤー(村)のタンキク石床におけるスーチローマという神霊(夜叉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アジタ氏の 始めの問いは 四つです 世間に関する 大きな問題<1032>

○少年少女のためのスッタニパータ<1032> ・・・ アジタさんは 自分が何かにおおわれていると 気付いたのですが、 なぜ気づいたのでしょうか? 第5 彼岸に到る道の章 2.アジタ経(アジタ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1032 アジタさんがたずねた、 「世間は何によって覆われているのですか?  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

敵と見る その思いから 武器をとり 武器をとるから 恐怖が生まれる<935>

○少年少女のためのスッタニパータ<935> ・・・ 暗いところは 怖いと思っているでしょう。 なぜですか? お化けがいるかもしれないから。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 1. ○毎田周一先生訳 935. 「争う人々を見るがよい  杖をとりあげるから 恐怖が生じたのである―― 私は世間の悲…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

人々は 自分の業に 従って 死んでいく よく見るように<587>

○少年少女のためのスッタニパータ<587> ・・・ どんな生きものも 死が近づくと、 恐れておののく。 死が怖いのだ。 第3 大きな章 8.矢経(葥経:せんきょう)14. ○日本テーラワーダ仏教協会「日常読誦経典」訳 587. 摂理によって死んでいく 他の人々も見るがよい。 死期が近づくと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

針毛夜叉 世尊を脅すが 驚ぬ 難問出すが どうなるだろう<270序>

○少年少女のためのスッタニパータ270序. ・・・ 智慧のある人は 怖れるものがない。 恐怖が何か 知っているから。 スッタニパータ270序. 第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経<270序> ○中村元先生訳 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はガヤー(村)のタンキク石床におけるスー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

死ぬことが 一番の恐怖 どのように 恐怖をなくすか お尋ねしよう<166>及び<167>

○少年少女のためのスッタニパータ166.167. ・・・ 死ぬのが一番怖い 死ぬのが嫌だ どうしたら死なないことができますか? お釈迦さまに聞いてみましょう。 166.167.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 15.16. ○毎田周一先生訳 166 獅子のやうに独立の道をゆき 象のやうに欲望を顧みないで進まれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バラモンは どんな未練も 断ち切って 怖いものなく 静かに生きる(397)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 何がこわいですか? お化けがこわい。 犬がこわい。 高い所がこわい。 なぜこわいのですか? 死ぬかもしれないから。 ○パーリ語原文と訳語 サッバサンヨージャナン  チェートゥワー Sabbasaṃyojanaṃ     chetvā, …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

渇愛に 捕まった人は 震えてる 震えながらも 苦悩続ける(342)及び(343)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ うさぎさんは、 いつも震えているよ。 何かが怖いんだね だからいじめちゃだめだよ。 ・・・ うさぎさんは、 いつも震えているよ。 何かが怖いんだね だから優しくしようね。 ○パーリ語原文と訳語 342. タスィナーヤ   プラッカター    パジャー Tasi&#7…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

渇愛は 憂いと恐れの 原因だ 渇愛除けば それらはなくなる(216)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ おもちゃ屋さんで、アンパンを見つけると 君は欲しい欲しいと言いました。 お父さんに、ここに仮面ライダーがあるよと言われると アンパンを忘れて、欲しい欲しいと言いました。 見れば欲しくなるんだね。 ○パーリ語原文…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

性欲も 憂いと恐れの 原因だ 原因除けば 憂いがなくなる(215)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 男の子は女の子に興味がある 女の子は男の子に興味がある 男の子はスカートめくりが好きで 女の子はキャーと言って逃げる これは何だろう ○パーリ語原文と訳語 カーマトー  ジャーヤティー  ソーコー K&…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

快楽も 憂いと恐れの 原因だ 原因除けば 憂いがなくなる(214)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 麻薬はなぜいけないか やめられないほど気持ちがいいらしい やめられない人は ブレーキの壊れた車のように 暴走して事故にあう ○パーリ語原文と訳語 ラティヤー  ジャーヤティー  ソーコー Ratiy…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

情からは 憂いと恐れが 生まれる 情から離れ それらをなくせ (213)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ かわいいペットが病気になった 心配だ、心配だ、死んだらどうしよう しかし、生まれたものは必ず死ぬものだ ペットが死んでも、泣きません ○パーリ語原文と訳語 ペーマトー  ジャーヤティー  ソーコー P…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

愛からは 憂いと恐れが 生まれる 愛から離れ それらをなくせ (212)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 好きな人ができると 心配ごとが増える 好きな人がいないときは 心配ごとはなかったよ ○パーリ語原文と訳語 ピヤトー     ジャーヤティー  ソーコー Piyato       jāyat&…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ(128)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   アンタリッケー  ナ   サムッダマッジェー Na    antalikkhe     na    samuddamajjhe, ない  空中に      ない  大海の 中に ナ   パッバターナン  ワイワラン   パウィッサ na…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

煩悩と 心の迷いと 善悪捨てた 目覚めた人に 恐れはないよ(39)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アナワッスタチッタッサ Anavassutacittassa, 煩悩のない心の人に アナンワーハタチェータソー ananvāhatacetaso; 心に混乱がない人に プンニャパーパパヒーナッサ Puñ&#241…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

捨てられた 魚のように おびえる心 悪魔の世界を 離れるべきだ(34)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ワーリジョーワ  タレー   キットー Vārijova      thale    khitto, 魚ように      陸地に  投げられた オーカモーカタウッバトー okamokataubbhato; 水から陸へ 引き…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

351.352.渇愛を離れ執着がなく、経典の語義を熟知して

ダンマパダ 第24 渇愛の章 351、352 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ○片山一良先生訳 究極…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

39.悟った人には恐れがない

ダンマパダ 第3章 心 39 煩悩の心のない人 混乱した心のない人 善悪を克服した人 覚醒した人には恐怖はない 〇超訳の試み 欲に深い人は怖がりだ 落ち着かない人は怖がりだ 悪いことした人は怖がりだ 悟った人には恐れがない 〇子供のためのダンマパダ 犬の怖い子はなんでかな? 虫の怖い子…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

34.心は悪魔の支配から離れるべきだ

ダンパパダ 第3章 心 34 水の棲みかから 陸に打ち上げられた魚のように 恐れおののくこの心は 悪魔の支配から離れるべきだ 〇超訳の試み 心は安らぎの世界にはなく 恐ろしい恐怖の世界にいる 心は欲望の支配する世界を出て 安らぎの世界に向かうべきだ 〇子供のためのダンマパダ 君は父母に守…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

恐怖なく穢れない人生存の欲を捨て去り最後の身体(351)

ダンマパダ 第24章 渇愛 351、352 悟りの境地に達して恐怖がなく 渇愛から離れて穢れのない人は 生存の矢を断ち切った その身体は最後のものである(351) 渇愛を離れ執着がなく 経典の語義を熟知して 文字の配列や 前後関係知る人 彼は最終身の人 大智慧者、大人物と言われる(352) ○この詩…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愛からは憂いと恐れが生まれる愛から離れそれらをなくせ

ダンマパダ 212、213 愛から憂いが生まれ 愛から恐れが生まれる 愛から離れた人には憂いがない どうして恐れがあろうか 愛着から憂いが生まれ 愛着から恐れが生まれる 愛着から離れた人には憂いがない どうして恐れがあろうか *訳注:憂い(パーリ語でsoka)は愛する人との別離、憎む人との出…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

煩悩や混乱のない覚醒した人恐怖はないよ

ダンマパダ 39 煩悩の心のない人 混乱した心のない人 善悪を克服した人 覚醒した人には恐怖はない ○この詩から学ぶこと  幸福の対極にある感情はなんでしょうか? 恐怖ではないでしょか。この感情は生命の「生きていたい」という本能が危険を感じた時現れるのです。  子供の時は怖いという感情は、頻繁に現れました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

棲みかから打ち上げられた魚のよう恐れる心欲から離れよ

ダンパパダ 34 水の棲みかから 陸に打ち上げられた魚のように 恐れおののくこの心は 悪魔の支配から離れるべきだ ○この詩から学ぶこと  ニュートンは、りんごの実がりんごの木から落ちるのを見て、偉大な万有引力の法則を発見したといわれています。しかし、もっと偉大な発見があるのです。それは万有引力の法則に反する存在が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more