テーマ:教え

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 6偈

6 教えを聞いて、諸のことがらを識別する。教えを聞いて、悪を行なわない。教えを聞いて、ためにならなぬことを避ける。教えを聞いて、束縛の覆いの解きほごされたところ(=不死の所)に至る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「教え」とは、「法の句」です。法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自らの 教え完全で 他の教え 劣っていると 争っている<904>

○少年少女のためのスッタニパータ<904> ・・・ 自分の教えは正しくて 他人の教えは間違っていると言う これでは論争は止むことはない。 第4 八つの詩句の章 13.大集積経 10. ○毎田周一先生訳 904. 自分の教えは完全であるといい 外の教えは反対につまならぬといって このように自分に執著していい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

183.いかなる悪も行わずもっぱら善を完成し自己の心を浄くする

ダンマパダ 第14 ブッダの章 183 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します いかなる悪も行わず もっぱら善を完成し…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more