テーマ:解脱

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第24章 広く説く 14偈

14 最上の境地を見ないで百年生きるよりも、最上の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「最上の境地」とは、すでに9偈、10偈、11偈、12偈、13偈で述べたようなような「不動の境地」、「没落するこのとがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第17章 水 7偈

7 大海原(おおうなばら)を渡る人々はつねに立派な筏(いかだ)をつくって渡る。(かれらは河を渡ったのだと思っているが、実は)河を渡っていなのだ。聡明な人々のみが(迷いの大河を実際に)渡っているのである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント ブッダはつねに解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 5偈

5 「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と明らかな知慧をもって観(み)るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。 (ダンマパダ277 「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と明らかな知慧をもって観(み)るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

智慧の認知と解脱

ワン爺の独り言(2018年4月11日) 「智慧を見た人は発心する。智慧を得た人は解脱する。これらがこの世における最上のことがらである。こころある人は、智慧の認知の有無にこだわらず、自らの道を歩めかし。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana091.htm …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せめて発心せよ

ワン爺の独り言(2018年4月5日) 「実際に解脱することは難しい。せめて発心することを為し遂げよ。しかし、発心した人の前にはまるで用意されていたかのように善知識が出現するであろう。」とSRKWブッダは説かれる。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana085.htm (以下引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稀有なること

ワン爺の独り言(2018年3月31日) 「人が善知識の言葉を耳にして発心(あるいは解脱)することは難しい。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana080.htm (以下引用) 【稀有なること】

 人が善知識…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

発心すること・解脱すること

ワン爺の独り言(2018年3月16日) 「覚りの境地は、世における最上の境地である。それは、本当のことである。」と信じる人が少ないからでしょう。ですから発心する人が少なく、そのために解脱する人が少ないのでしょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana065.htm (以下引用)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「それ」

ワン爺の独り言(2018年1月18日) 「ありのままに想う者でもなく、誤って想う者でもなく、想いなき者でもなく、想いを消滅した者でもない。──このように理解した者の形態 (rupa)は消滅する。けだしひろがりの意識は、想いにもとづいて起こるからである。(スッタニパータ)」この言葉はSRKWブッダのホームページの「正法」の欄に記されてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

懺悔の根底にあるもの

ワン爺の独り言(2017年12月24日) 本物の懺悔は解脱と同時にーーおそらく解脱の直後に起こる感覚なのでしょう。ですから私にはわかりにくいですが、わかるような気がします。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou315.htm (以下引用) 【懺悔の根底にあるもの】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真実が開顕されるとき

ワン爺ん独り言(2017年11月24日) 今回のSRKWブッダの理法は真実について述べられているのでありますが、内容が豊富ですので、少し長いです。私は繰り返し読まないと全体像がつかめませんでした。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou285.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

空・空観・無相・無相をも作為しない解脱

ワン爺の独り言(2017年10月19日) 今回の理法は、空・空観・無相などの言葉の意味がよく理解できないために難しく感じられます。しかし、それが理解できれば明確に解脱への道筋が示されていることがわかります。まず言葉の意味を理解して、大筋を掴み、一番大切なところを会得しましょう。 
http://www.geocities…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「覚者が語る真実」とは何か?

ワン爺の独り言(2017.4.23.) 「覚者が語る真実」とは何か?を知ることは大切なことです。しかし、それに対する執著を捨てることも大切です。以下のSRKWブッダの理法より。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou093.htm (以下引用) 【覚者が語る真実】 もろもろの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世において最も不可思議なこと

ワン爺の独り言(2017.4.2.) 「この世において最も不可思議なこと」は、人によって異なると思いますが、ブッダから見ると人が解脱するという現象であるということです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou075.htm (以下引用) 【この世において最も不可思議なこと】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

集会を 楽しむ人は 解脱ない ブッダの言葉で 一人で歩く<再54>

○ワン爺さんの独り言<54> ・・・ 修行は楽しみながら 行うものですが、 人との付き合いを楽しんでは 解脱は無理です。 54.第1 蛇の章 3.犀角経 20. ○毎田周一先生訳 人と一緒にいることの好きな者は しばらくの間も解放されていることが出来ない 「太陽の親族」(仏陀)の言葉に耳傾け乍ら 犀…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

わたしども 世尊のもとで 修行して 涅槃に至り 苦を滅します<再32>

○ワン爺さんの独り言<32> ・・・ ブッダのもとで修行できれば それも幸せなことですね。 彼らはきっと修行を完成させるでしょう。 32.第1 蛇の章 2.ダニヤ経 15. ○毎田周一先生訳 私の妻も私も忠実にお教へ従います 「善く逝ける」あなたの許で清らかな修行をつみ 生と死の彼岸に渡り 苦しみのは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暗黒の 無明破った 釈尊よ 無明と解脱 説いて下さい<1105>

○少年少女のためのスッタニパータ<1105> ・・・ 人間の無明とは 見えない以上に深刻だ。 見えていると 思っているのだから。 第5 彼岸に到る道の章 14.ウダヤ経(ウダヤ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1105 ウダヤさんがたずねた、 「瞑想に入って坐し、塵垢(ちりあか)を離れ、 為すべきこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖者には 願いがあるか 智慧を得て 何かをしようと 思っているのか<1090>

○少年少女のためのスッタニパータ<1090> ・・・ 聖者には願いごとがありますか? 聖者には智慧がありますか? 聖者何かしようとすることがありますか? 第5 彼岸に到る道の章 10.トーデイヤ経(トーデイヤ学生の問い)3. ○中村元先生訳 1090 「かれは願いのない人なのでしょうか? あるいは何かを希望…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲望と 渇愛・疑惑を なくしたら 解脱のために 何も不必要<1089>

○少年少女のためのスッタニパータ<1089> ・・・ 悪いことしない、 良いことをする、 心の清らかの子に 何か望むことがありますか。 第5 彼岸に到る道の章 10.トーデイヤ経(トーデイヤ学生の問い)2. ○中村元先生訳 1089 師(ブッダ)は答えた、 トーデイヤよ。諸々の欲望のとどまることなく、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欲望と 渇愛・疑惑を なくしたら 解脱のために 何が必要か<1088>

○少年少女のためのスッタニパータ<1088> ・・・ 朝ごはんと昼ごはんと夕ごはんを 食べた人はもう食べる必要がないように 欲望と渇愛と疑惑をなくした人は 解脱のためにすることはありません。 第5 彼岸に到る道の章 10.トーデイヤ経(トーデイヤ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1088 トーデイヤさんが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

智慧により 識がなくなり 名色が 消滅すれば 解脱が起こる<1037>

○少年少女のためのスッタニパータ<1037> ・・・ どんな人にも 一心同体と思えれば 争いはもちろんなくなって 仲良く暮らせる。 第5 彼岸に到る道の章 2.アジタ経(アジタ学生の問い)6. ○中村元先生訳 1037 アジタよ。そなたが質問したことを、 わたしはそなたに語ろう。 識別作用が止滅するこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

智慧により いかなる場合に 名色は 消滅するのか 説いて下さい<1036>

○少年少女のためのスッタニパータ<1036> ・・・ 智慧により解脱するとは どのようなことですか? 名称と形態が消滅すると 解脱するのですか? 第5 彼岸に到る道の章 2.アジタ経(アジタ学生の問い)5. ○中村元先生訳 1036 アジタさんがいった、 「わが友よ。智慧と気をつけることと 名称と形態…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

世の人と 沙門・バラモンが 言うことを 気にしないから 動揺しない<859>

○少年少女のためのスッタニパータ<859> ・・・ 世間の常識で生きる人々に 悩み苦しみは続く。 ならば常識を疑い、 解脱を目指した方がよい。 第3 八つの詩句の章 10.死前経 12. ○毎田周一先生訳 859. 世俗の人や修道者や婆羅門達が この人のことをどんなにとやかくいおうと いわれる事柄自身が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

他のもので 解脱するとは 思わずに 貪ることなく 嫌うことなし<813>

○少年少女のためのスッタニパータ<813> ・・・ 清らかな生き方をするためには 知識や学問や思想が 必要な訳ではありません。 慈悲の心と智慧でしょう。 第3 八つの詩句の章 6.老経 10. ○毎田周一先生訳 813. 清らかになった人は 知識や学問や思想を これがなければなどとは考えない 彼は他のこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

快楽に とらわれている 人々は 解脱しがたい その気がないから<773>

○少年少女のためのスッタニパータ<773> ・・・ あなたに刺激を与えて うれしがらせたり 悲しませたりできますが、 心を成長させることはできません。 それは自分で行うことです。 第3 八つの詩句の章 2.洞窟八詩句経 2. ○中村元先生訳 773 欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

洞窟と 言われる身体に 執着し 迷妄する人 解脱できない<772>

○少年少女のためのスッタニパータ<772> ・・・ 人々は身体を心配し 身体の楽しみを求めています。 しかし、身体はおとろえ 病気して、死んでしまうのです。 どうしたらよいのでしょうか? 第3 八つの詩句の章 2.洞窟(身体)八詩句経 1. ○中村元先生訳 772 窟(いわや:身体)のうちにとどまり、執…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

安らぎを 求めるならば 愛着と 苦しみの矢を 引き抜くように<592>

○少年少女のためのスッタニパータ<592> ・・・ 嘆き悲しみは 心に刺さった矢なのだ。 この苦しみをなくすため、 この矢を抜き取るように 第3 大きな章 8.矢経(葥経:せんきょう)19. ○日本テーラワーダ仏教協会「日常読誦経典」訳 592. 自分の憂い、未練、 悲しみを引き抜くこと。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一切の 悩み苦しみ 粉砕し 清涼となり 誠実な方<542>

○少年少女のためのスッタニパータ<542> ・・・ 一切の悩み苦しみが なくなったらどうなるか? そこには完全な安らぎと 真の優しさがある。 第3 大きな章 6.サビヤ経 33. ○中村元先生訳 542 あなたの悩み悶えは、 すべて破られ断たれています。 あなたは清涼となり、身を制し、 堅固で、誠実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生存の 要素捨て去った 解脱者を 時に応じて 供養しなさい<499>及び<500>

○少年少女のためのスッタニパータ<499.500.> ・・・ 欲はなく、怒ることもない そのような人がいたのならば その人のマネをしたらよい。 君は賢くなれるよ。 第3 大きな章 5.マーガ経 13.14. ○中村元先生訳 499 安らぎに帰して、貪欲を離れ、怒ることなく、 この世で(生存の諸要素を)捨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無我の時 慈しみあり 邪見なし 戒は守られ 執着もない<152>

○少年少女のためのスッタニパータ152. ・・・ みんなが 幸せであればいいな みんなに 良いことがあればいいなと 思える人は幸せです。 152.第1 蛇の章 8.慈経 10. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 152(10) [このように実践する人は] 邪見を乗り越え、 常に戒を保ち、正見を得て、 諸々…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

慈悲喜捨の 心を育て 解脱して 自由自在に 一人で歩く<73>

○少年少女のためのスッタニパータ73 ・・・ 慈とは幸せになってほしいという気持ち 悲とは苦しみがなくなってほしいとい気持ち 喜とは嫉妬のない共に喜べる気持ち 捨とは冷静で分け隔てのない気持ち 73.第1 蛇の章 3.犀の角経 39 ○毎田周一先生訳 慈しみと安らぎと哀れみとのどけさと 心の優しさとの中にい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more