テーマ:財産

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第2章 愛欲 第16偈

16 愚人は享楽のために害される。しかしこの世で自己を求める人々は害されない。享楽を妄執するがゆえに、愚者は他人をも自分をも害う。 (ダンマパダ355参照) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 訳者の中村先生はダンマパダ355偈を参照と書かれていますから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第22偈

22 いくら財産を貯えても、最後には尽きてなくなってしまう。高い地位身分も終には落ちてしまう。結びついてものは終には離れてしまう。生命は終には死に至る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 昨日の感興句は「男も女も幾百万人と数多くいるが、財産を貯えたあげくに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第21偈

21 男も女も幾百万人と数多くいるが、財産を貯えたあげくには、死の力に屈服する。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント インターネットで「看護師が語った、死の直前に誰もが口にする『後悔の言葉』」という記事を読みました。その内容は次の通りです。 1 もっと自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信は最上の財である

ワン爺の独り言(2017.7.3.) ブログの更新がしばらく停滞しましたが、また再開したいと思います。今日はSRKWブッダのホームページ「覚りの境地」の「理法」の150番「信は最上の財」を引用して学びます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou150.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車の王は バラモンたちに 牛や臥具 よく飾られた 女を与えた<再304>及び<再304>

○ワン爺さんの独り言<304><305> ・・・ 欲というものは 欲しいものが手に入っても 満足せずに次から次に 増えていく 第2 小さな章 7.バラモン法経 21.22. ○中村元先生訳 304 牛、臥具、衣服、 盛装化粧した女人、 またよく造られた駿馬に牽かせる車、 美しく彩られた縫物──、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

杭を打ち 牛確保する 牛飼いは 神望むなら 雨を降らせと<再28>

○ワン爺さんの独り言<28> ・・・ 自分の持物や財産を しっかり確保して、増やしても 幸福になるためには、 見当違いの思いこみです。 28.第1 蛇の章 1ダニヤ経 11. ○毎田周一先生訳 杭は深く揺るがぬように打ちこまれた              と牛飼いダニアはいった ムンジャ草の縄は新たに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

車の王は バラモンたちに 牛や臥具 よく飾られた 女を与えた<304>及び<305>

○少年少女のためのスッタニパータ304.305. ・・・ いろいろ欲しいものが有るでしょうが、 それらをリスットアップして、 どうしても必要なものか、 あった方がよいものか、 なくてもよいものか、 考えて下さい。 そうすると賢くなります。 スッタニパータ304.305. 第2 小さな章 7.バラモン法経 21.…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

牛の群れ 美女たちの群れ バラモンは それが欲しいと 熱望しました<301>

○少年少女のためのスッタニパータ301. ・・・ 一生懸命に勉強しているのに 成績が上がらない子供がいます。 それは勉強の目標や勉強方法が 間違っている可能性があります。 スッタニパータ301. 第2 小さな章 7.バラモン法経 18. ○中村元先生訳 301 バラモンたちは、 牛の群が栄え、 美女の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バラモンは 家畜や財産 持たなかった 聖典読誦 宝と見なした<285>

○少年少女のためのスッタニパータ285. ・・・ 昔の人格者は お金や財産を持たずに 道徳を学び 清らかな生き方を 誇りにしていた。 スッタニパータ285. 第2 小さな章 7.バラモン法経 2. ○中村元先生訳 285 バラモンたちには家畜もなかったし、 黄金もなかったし、穀物もなかった。 しかし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

牧場には 見渡す限り 牛の群れ 神の望むなら 雨降らせと<26>

○少年少女のためのスッタニパータ26 ・・・ 自分の財産を誇る人は、 その財産で苦しむ。 その財産が減らないように、 なくならないように。 26.第2 蛇の章 2.ダニア経 9 ○毎田周一先生訳 子牛も 乳を飲んでいる子牛もゐる             と牛飼いダニアはいつた 子を持つ牛も これから子を持…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

財産は 愚かな人を 害すなり 執着しない 人は害せない(355)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お金が一番大切と思う子は お金があれば勉強しない。 何をしたらよいかわからない。 お金がないと悲しくなって、 病気になって死んでしまう。 ・・・ 立派な人間になろうとする子は、 お金があってもなくとも、 よく勉強して、 皆のために働いて、 元気で明るく生きる。 ○パー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

健康と 満足・信頼 あるならば さらに涅槃に 至れば最高(204)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

仏教徒 法に反して 望まない 子供と財産 権力などを(84)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   アッタヘートゥ  ナ   パラッサ   ヘートゥ Na   attahetu       na   parassa    hetu, なく  自分のためで  なく  他人の   ためで ナ  プッタミッチェー ナ   ダナン  ナ  …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愚か者 子や財産で 苦悩する 自分も自分の ものではないのに(62)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 プッター  マッティ     ダナンマッティ Puttā    matthi      dhanammatthi, 子が    私の いる    財産 私の ある  イティ   バーロー  ウィハンニャティ iti    …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

355. 財産は愚か者を殺す、涅槃を求める人を殺さない

ダンマパダ 第24 渇愛の章 355 ============================                  お 知 ら せ  この2010年7月9日(金)(今日ではありません。)に、「第24 渇愛の章」の356番から359番の詩の掲載を持ちまして、この章を終了すると同時に、このブログ「困った時はダ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

財産は愚かな者を殺すなり無執着の人は殺せない(355)

ダンマパダ 第24章 渇愛 355 財産は愚か者を殺す 涅槃を求める人は殺さない 財産への渇愛によって愚か者は 他人のように自分を殺す ○この詩の蛇足  この詩を、前回このブログに掲載したのは、2008年10月27日でした。その頃、宝くじで2億円当たった女性が、それを知った知り合いの男性に殺されたという事件があり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

確信と道徳があり名声と富のある人尊敬される

ダンマパダ 303 確信があり戒を守る 名声と富のある人は 訪ねる所はどこでも その土地土地で尊敬される ○この詩から学ぶこと  この詩の初めの言葉は「確信」ですが、パーリ語ではSaddhoです。この言葉は普通、信とか信仰と訳されます。しかし、仏教には、理解のない信とか信仰はないのです。そのことを明確にするために…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

若い時こころ育てず働かずその人老いて嘆き悲しむ

ダンマパダ 155,156 若い時に心を育てることなく または財産を作ることもしなかったならば 魚のいない沼にいる 老いた鷺のように悩む (155) 若い時に心を育てることなく または財産を作ることもしなかったならば 昔のことを嘆きながら 使い古された矢のように横たわる (156) ○この詩から学ぶこと …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

愚者たちは放逸であるが智慧の人宝のように不放逸守る

ダンマパダ 26,27 智慧のない愚かな人々は 放逸にふける しかし、賢者は不放逸を 最高の財産のように守る 放逸にふけるな 愛欲と歓楽に親しむな 不放逸によって瞑想者たちは 大いなる安楽を得る ○この詩から学ぶこと  「不放逸」とは「正念を続けること」です。正念とは、身体、感覚、心、自分の内側と…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more