テーマ:人生

人生の障害難路乗り越えて涅槃に達した彼はバラモン(414)

ダンマパダ 第26章 バラモン 414 この障害、難路、 輪廻、迷いを乗り越えて 彼岸に到った冥想者 動揺のない疑惑のない 執着のない涅槃に達した人 彼を私はバラモンと呼ぶ 〇この詩の蛇足  人生は楽ではないということです。楽なこと、楽しいこともありましたが、やはり苦しいことが多かったのではないでしょうか。私…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もろもろの渇愛捨てて出家する渇愛消えた彼はバラモン

ダンマパダ 416 この世の渇愛を捨て去って 出家して遊行する 渇愛の生活が消えた人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  今回は昨日の詩とほぼ同じです。ただ「欲望」という言葉が「渇愛」という言葉が入れ替わっているのです。「欲望」も「渇愛」もほぼ同じ意味です。これらの言葉の意味の違いを問題にするよりは、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

もろもろの欲望捨てて出家する欲望消えた彼はバラモン

ダンマパダ 415 この世の欲望を捨て去って 出家して遊行する 欲望の生活が消えた人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  この詩では、「この世の欲望を捨て去って」この段階に到る前段階が難しいのではないのかなと思います。このような発想に至らないのです。この道に進むためには、仏教の情報が必要なのです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

人生の障害難路乗り越えて涅槃に達した彼はバラモン

ダンマパダ 414 この障害、難路、 輪廻、愚痴を乗り越えて 彼岸に到った冥想者 動揺のない疑惑のない 執着のない涅槃に達した人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  人生にはいろいろな障碍や難路があります。人生の障害というと、何を思い浮かべるでしょうか?人生の初めの障害は出産です。細い厳しい産…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

清らかな満月のように淡白で歓喜を望まぬ彼はバラモン

ダンマパダ 413 汚れない清らかな月のように 清浄で淡白であり 歓喜の生活を望まない人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  皆さんはどのような人生を望んでいますか。最近は不況、景気が悪化して、企業の倒産やリストラがあるため、仕事が見つかればいい、住む場所があればいいなど、あまり派手な人生を望む人…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

在家とも出家にも会わず無執着満足している彼はバラモン

ダンマパダ 404 在家者にも出家者にも また両者にも交わらず 無執着で満足している人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  この詩を何度か読んでどのように感じますか? 普通、あまり共感しないのではないかと思います。私が出家する何年か前、スマナサーラ長老にこの詩について、質問しました。「理解で…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

この人生で重荷下ろして束縛を解放した人彼はバラモン

ダンマパダ 402 この世において自分の 苦の滅尽を知り 重荷をおろし、束縛を解いた人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  人生の重荷とは何でしょうか? まだ小さな小学生もかなり重そうなランドセルを背負って、手にも重そうな袋を持っておます。いろいろ勉強させられているのでしょう。実際の荷物の重さの他にも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more