テーマ:親族に対する人の欲望

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 4偈

4 たとい僅かであろうとも、親族に対する人の欲望が断たれていないあいだは、その人の心はそこに束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うようなものである。  (ダンマパダ284 たとい僅かであろうとも、男の女に対する欲望が断たれないあいだは、その人の心はそこ束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うように。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more