テーマ:

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 39偈、40偈

39 また悪いことをして、善いことをしないならば、悪いことをした人は、禍のもとを身に受けて、福徳を捨てて、この世で死を恐れる。___大水(おおみず)のさ中に難破した舟に乗っている人のように。 40 善いことをして、悪いことをしないならば、善い人々が福徳のもとを昔(むかし)行なったのであっても、決して死を恐れない。___堅固な舟で河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 38偈

38 善いことをしたならば、ひとは快(こころよ)く楽しむ。ずっと昔にしたことであっても、遠いところでしたことであっても、ひとは快く楽しむ。人に知られずにしたことであっても、ひとは快く楽しむ。幸いあるところ(=天の世界)におもむいて、さらに快く楽しむ。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 36偈、37偈

36 悪いことをしたならば、ひとは憂える。ずっと昔にしたことであっても、遠いところでしたことであっても、ひとは憂える。秘密のうちにしたことであっても、ひとは憂える。悪いところ(=地獄など)におもむいて(罪のむくいを受けて)さらに悩む。 37 善いことをしたならば、ひとは喜ぶ。ずっと昔にしたことであっても、遠いところでしたことであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 34偈、35偈

34 悪いことをした人は、この世で憂え、来世でも憂え、ふたつのところで共に憂える。かれは、自分の行為が汚れているのを見て、憂え、悩む。 (ダンマパダ15 悪いことをした人は、この世で憂え、来世でも憂え、ふたつのところで共に憂える。かれは、自分の行為が汚れているのを見て、憂え、悩む。) 35 善いことをした人は、この世で喜び、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 32偈、33偈

32 悪いことをしたならば、ひとは憂える。ずっと昔にしたことだとか、遠いところでしたことであっても、ひとは憂える。秘密のうちにしたことであっても、ひとは憂える。その報いがあるのだから、ひとは憂える。 33 善いことをしたならば、ひとは喜ぶ。ずっと昔にしたことだとか、遠いところでしたことであっても、ひとは喜ぶ。人に知られずにしたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 31偈

31 この世で善いことをしたならば、安心しておれ。その善いことが、ずっと昔にしたことだとか、遠いところでしたことであっても、安心するがよい。人に知られずにしたことであっても、安心しておれ。その果報があるのだから、安心しておれ。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 30偈

30 悪いことをしたときは気をゆるすな。その悪いことが、ずっと昔にしたことだとか、遠いところでしたことであっても、気をゆるすな。秘密のうちにしたことであっても、気をゆるすな。それの報いがあるのだから、気をゆるすな。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 26偈〜29偈

26〜29 手むかうことなく罪咎(つみとが)の無い人々に害を加えるならば、次に挙げる十種の場合のうちのどれかに速かに陥るあろう、___(1)親族の滅亡(ほろび)、(2)財産の損失、(3)国王からの侵略、(4)恐ろしい告げ口、(5)激しい痛み、(6)身体の傷害、(7)重い病い、(8)乱心、また(9)その人の家を火がすっかり焼いてしまう、(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 23偈、24偈

24 僅かでも悪をしたならば、つねに来世に苦しみを生じ、大きな禍を生じることになる。___毒が腹の中にあるようなものである。 25 僅かでも善いことをしたならば、来世に安楽をもたらし、つねに大きな福楽生じることになる。___穀物が積もり集まったようなものである。(やがてすばらしい果実を生ずるであろう。) (中村元訳「ブッダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 21偈、22偈

21 人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪が積み重なるのは苦しみである。  22 人がもし善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心掛けよ。善いことが積み重なるのは楽しみである。 (ダンマパダ117 人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪が積み重なるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 19偈、20偈

19 まだ悪の報いが熟しないあいだは、悪人でも幸運に遭(あ)うことがある。しかし悪の報いが熟したときには、悪人はわざわいに遭うのである。  20 まだ善い果報が熟しないあいだは、善人でもわざわいに遭(あ)うことがある。しかし善の果報が熟したときには、善人は幸福(さいわい)に遭う。 (ダンマパダ119 まだ悪の報(むく)い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 18偈

18 愚かな者は、悪いことを行っても、その報いの現れないあいだは、それを蜜のように思いなす。しかしその罪の報いの現れたときには、苦悩を受ける。 (ダンマパダ69 愚かな者は、悪いことを行っても、その報(むく)いの現れないあいだは、それを蜜のように思いなす。しかし、その罪の報いの現れたときには、苦悩を受ける。) (中村元訳「ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 17偈

17 善人は善をなし易い。悪人は善をなし難い。悪人は悪をなし易い。聖者は悪をなし難い。 (ウダーナ5・8) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 「善人は善をなし易い。」・・・善人は悪意がないので、善いことはしやすいのです。善いことは当たり前のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 16偈

16 善からぬこと、己れのためにならぬことは、なし易い。ためになること、しかも健全なことは、実に極めてなし難い。  (ダンマパダ163 善からぬこと、己れのためにならぬことは、なし易い。ためになること、善いことは、実に極めてなし難い。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 15偈

15 もしも掌(てのひら)に傷がなければ、その人は掌(てのひら)で毒をもっていることもできるであろう。傷の無い人に、毒は及ばない。悪をなさない人には、悪の及ぶことがない。  (ダンマパダ124 もしも手に傷がなければ、その人は手で毒をとり去ることもできるであろう。傷の無い人に、毒は及ばない。悪をなさない人には、悪の及ぶこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 14偈

14 同行する仲間が少ないのに多くの財を運ばなければならぬ商人が、危険な道を避けるように、また生きたいとねがう人が毒を避けるように、ひとはもろもろの悪を避けよ。  (ダンマパダ123 同行する仲間が少ないのに多くの財を運ばなければならぬ商人が、危険な道を避けるように、また生きたいとねがう人が毒を避けるように、ひとはもろもろの悪を避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 13偈

13 眼のある人は、不平等のようなことがらに勇敢に打ち克つ。___たとい何かが存在していても。賢者は、この命あるものどもの世界において、悪いことがらを全く避けるべきである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント パーリ語のウダーナ(感興のことば)の第5章…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 11偈、12偈

11 みずから悪をなすならば、つねに自分が汚れる。みずから悪をなさないならば、みずから浄まる。 12 人は他人を浄めることができない、___もしもその他人が内的に心のはたらきが浄らかでないならば。金剛石が宝石を磨くように悪人を練磨すること( はできない。) (ダンマパダ165 みずから悪をなすならば、みずから汚れ、みずから悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 10偈

10 人が何をしようとも、その報いが自分に起こるのを見る。善いことを行った人は良い報いを見、悪いことを行った人は悪い報いを見る。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この偈を単純な因果法則と考えないほうがよいのです。なぜならば、悪いことをしても、始めは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 9偈

9 汚れの無い人、つねに清くて咎のない人、を汚す者がいるならば、そのわざわいは、かえってその浅はかな人に戻って来る。風にさからって細(こまか)い塵を投げると、(その人にもどって来る)ようなものである。  (ダンマパダ125 汚(けが)れの無い人、清くて咎(とが)のない人をそこなう者がいるならば、そのわざわいは、かえってその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 8偈

8 かれは、心が静まり、(欲望が)止(や)み、ゆっくりと語り、ざわざわすることなく、悪いことがらを吹き払う。___風が木(こ)の葉を吹きはらうように。   (テーラガーター2 かれは、心が静まり、(欲望が)止み、思慮して語り、ざわざわすることなく、悪いことがらを吹き払う。___風が木(こ)の葉を吹きはらうように。)   (テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 7偈

7 (自分が)悪いことをしないようにさせ、罪過(つみとが)を指し示し過(あやま)ちを告げてくれる聡明な人に会ったならば、そのような(自分の)過ちを制してくれる賢い人につねにつき従え。___そのような人につき従うならば、善いことがあり、悪いことは無い。 (ダンマパダ76 (おのが)罪過(つみとが)を指摘し過(あやま)ちを告げてくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 6偈

6 心が煩悩に汚されることなく、心が縛られることなく、善悪のはからいを捨てた人には、悪い領域(=地獄)に落ちるのではないかという恐れが無い。  (ダンマパダ39 心が煩悩に汚されることなく、おもいが乱れることなく、善悪のはからいを捨てて、目ざめている人には、何も恐れることが無い。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 5偈

5 孤独(ひとりい)の味、心の安らいの味あじわったならば、熱のような悩みも無く、罪過(つみとが)も無くなる、___真理の喜びの味をあじわいながら。 (ダンマパダ205 孤独(ひとりい)の味、心の安らいの味をあじわったならば、恐れも無く、罪過も無くなる、___真理の味をあじわいながら。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 3偈

3 倶(とも)に行ずるときにも、つねにひとりでいて、(たまたま)他の人々と混った智者・善き人は、悪を捨て去る。乳を飲む鷺が水を捨てて(乳だけを飲む)ようなものである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 鷺は、水の混じった乳から水を捨てて乳だけを飲むこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 2偈

2 わかち与える人には功徳が増大する。みずからを制するならば、ひとが怨みをいだくことは無い。善い人は悪を捨てる。情欲と怒りと迷妄とを捨てるが故に、煩悩の覆いをのがれる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この感興のことば(ウダーナヴァルガ)は、サンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 1偈

1 すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、___これが仏の教えである。 (ダンマパダ183 すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、___これが諸の仏の教えである。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ(128)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   アンタリッケー  ナ   サムッダマッジェー Na    antalikkhe     na    samuddamajjhe, ない  空中に      ない  大海の 中に ナ   パッバターナン  ワイワラン   パウィッサ na…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

空中も 海水中も 山中も 悪業からは 逃げられないよ(127)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   アンタリッケー   ナ   サムッダマッジェー Na    antalikkhe     na    samuddamajjhe, ない  空中に       ない  大海の 中に ナ     パッバターナン  ウィワラン   パウィッ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ある人は 母胎に生まれ 悪人は 地獄に行って 善人は天へ(126)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ガッバメーケー   ウッパッジャンティ Gabbhameke     uppajjanti, 母胎に ある者   再生する ニラヤン  パーパカンミノー nirayaṃ  pāpakammino; 地獄に   …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more