テーマ:五感

落ち込まず 多く考えず 依存せず 清らかな行を 目標とせよ<717>

○少年少女のためのスッタニパータ<717> ・・・ 勉強や遊び」は 明るく楽しくやるべきだ。 無駄のことを考えず、 それらを通じ 人格向上をめざすべきだ。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 39. ○中村元先生訳 717 心が沈んでしまってはいけない。 またやたらに多くのことを考えてはいけない。 腥…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

眼耳鼻舌身の 欲望抑え 比丘たちは 正しい時間に 村に入れよ<387>

○少年少女のためのスッタニパータ387. ・・・ 汚れた心と きれいな心があるようだ。 よく見極めて きれいな心でいるように。 スッタニパータ387. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 12. ○中村元先生訳 387  諸々の色かたち・音声・味・香り・触れられるものは、 ひとびとをすっかり酔わせるものであ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

戒律の 条項護り  感制し 身体を観ぜよ 世を厭うべし<340>

○少年少女のためのスッタニパータ340. ・・・ 少年少女にも大切なこと。 生きものを殺さないこと。 人のものを取らないこと。 信頼を裏切らないこと。 嘘をつかないこと。 酒・タバコなど害になるものを取らないこと。 スッタニパータ340. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 6. ○中村元先生訳 340 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

禅定で 心の汚れ 眠らせて 捨ててしまって 一人であるく<66>

○少年少女のためのスッタニパータ66 ・・・ 心の汚れは どこから来るのだろう? 目から、耳から、鼻から 舌から、身体から。 66.第1 蛇の章 3.犀の角経 32 ○毎田周一先生訳 心の五つの障りを捨てて 汚れを悉く払い去り 何者にも頼らず 貪りと無知とを断ち切つて 犀の角ようにただ一人歩いてゆこう …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more