テーマ:

苦しみの 原因の矢に 気づければ 矢を引き抜いて 落ち着けるだろう<939>

○少年少女のためのスッタニパータ<939> ・・・ 訳も分からず 騒いでいる子がいる。 そういう子にはハグして、 落ち着いてもらうほかはない。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 5. ○毎田周一先生訳 939. この矢の刺さった者は  あらゆる方向に駆け回るのであるが その矢を抜いてさえしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最後には 互いに反目 行き詰まる 彼らの心に 矢が刺さていた<938>

○少年少女のためのスッタニパータ<938> ・・・ バカな人は 自分のバカは分からない。 それが分からないから、 バカというのですが。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 4. ○毎田周一先生訳 938. そこには必ず行き詰まりがあり  人がそれにぶつかってどうにもならぬのを見て  私は不愉快…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

五蓋(ゴガイ)捨て 苦悩と疑惑 乗り越えて この世あの世を ともに捨て去る<17>

○少年少女のためのスッタニパータ17 ・・・ 成長のコツは 焦らないこと。 止めないこと。 毎日少しずつ、 繰り返すこと。 17.第1 蛇の章 1.蛇の経17. ○スマナサーラ長老訳 (悟りを妨げる)五蓋(ゴガイ)を捨て去り、動揺なく、 あらゆる疑問・疑惑を乗り越え、 煩悩の箭(ヤ)を抜いた修行者は、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

職人は 材料ととのえ 仕事する 清浄な人は 自己をととのえる(145)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ウダカンヒ   ナヤンティ  ネッティカー Udakañhi    nayanti    nettikā, 水を まさに  導く     治水者は ウサカーラー  ナマヤンティ  テージャナン usukār…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more