テーマ:欲望

子も妻も 父母及び 財産も すべてを捨てて 一人で歩く<60>

○少年少女のためのスッタニパータ60 ・・・ 欲望を満たすことが 幸福ではなく、 苦しみの原因だと知ったら、 欲望を捨てますか? 60.第1 蛇の章 3.犀の角経 26 ○毎田周一先生訳 子も妻と父と母も 財産も穀物も親族も 色々の欲望も すべてを捨てて 犀の角のやうにただ一人歩いてゆかう ○…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欲望は 病気、はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<51>

○少年少女のためのスッタニパータ51 ・・・ 欲望は病気だと思えますか? 欲望は災難だと思えますか? そのように思えれば、 欲望を避けますよね。 51.第1 蛇の章 3.犀の角経 17 ○毎田周一先生訳 「これは私にとつて禍ひであり腫物であり難儀であり 病であり矢であり怖れである」と 欲望の向ふ処にこの怖…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲望は 心を迷わす 危険あり 欲から離れ 一人歩く<50>

○少年少女のためのスッタニパータ50 ・・・ 美味しそうな色や形、 じゅうじゅうと焼ける音、 食欲をそそる香り 舌がとろけるような味 本能を刺激する歯ごたえ 美味し食べ物は すべての感覚を刺激して、 心を迷わす。 50.第1 蛇の章 3.犀の角経 16 ○毎田周一先生訳 欲望はまことに色とりどりに甘く…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生存の 原因なくした 修行者は この世あの世を ともに捨て去る <16>

○少年少女のためのスッタニパータ16 ・・・ ジャングルと掛けて何と解く? 欲望と解く。 そのココロは? 危険がいっぱい。 (今の若い人は「そのココロは?」って知らないかな。その共通点は何と言う意味です。) 16.第1 蛇の章 1.蛇16. ○スマナサーラ長老訳 この世につなぎ止める存在の原因、煩悩が …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もろもろの 欲望捨てて 出家する 欲望消えた 彼はバラモン(415)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 欲を捨てるなんて できるかな? 欲より大切なものが 見つかれば できるとも。 ○パーリ語原文と訳語 ヨーダ   カーメー  パハントゥワーナ  Yodha    kāme    pahantvāna, この世で  欲を    捨てて アナーガ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冥想を 放逸しないで 実践し 欲望に勝ち 苦しむなかれ(371)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 良い子になろうとしているのに うそを言ったり 友だちをいじめたりするのは なぜかな? ○パーリ語原文と訳語 ジャーヤ  ビック   マー   チャ  パマードー Jhāya    bhikkhu   mā    ca   pamādo, 瞑想…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天界の 楽といえども 及ばない 渇愛の滅の 楽に比べれば(187)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

金が降っても 満足しない 欲望は 少楽にして 苦痛だけだよ(186)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

186.187.金貨の雨が降っても欲望の満足はない

ダンマパダ 第14 186,187 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 金貨の雨が降ろうとも 諸欲が満ちることはな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

47.48.欲望のとりこになっている人を死神が襲う

ダンマパダ 第4章 花 47、48 花ばかり摘んでいるように 執着の心のある人を 眠っている村を大洪水のように 死神が襲い掛かる 花ばかり摘んでいるように 執着の心のある 五欲において満足しない人を 死神は思いのままに支配する 〇超訳の試み 他のものには目をくれず 欲望のとりこになっている人を 病…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

何ものも持たないゆえに心から気楽に生きる光音天のごとく

ダンマパダ 200 真に気楽に生きる われらは何も持たないゆえに 喜びを糧として存在しよう 天界に住む光音天の如く  訳注:光音天という神々は喜びをエネルギーにして生きていると言われています。ですから、明るく喜びを持って生きている人々のそばに集まってくるそうです。暗く怒りや憎しみのある人々には近づきません。 ○こ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

金が降っても満足しない欲望は少楽にして苦痛であるのだ

ダンマパダ 186,187 金貨の雨が降っても 欲望の満足はない 欲望は少楽にして苦痛である そのように賢者は知っている (186) 天界の楽しみも 賢者の喜びにはならない 渇愛の滅尽が 仏陀の弟子の喜びである (187) ○前回の「この詩から学ぶこと」  186番について  悪女は欲望のように二つ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

賢者なら黒い行為を捨て去って白い行為を実践すべし

ダンマパダ 87、88 賢者は黒い行為を捨てて 白い行為を実践しなさい 家を出て家のない状態で 楽しみのない離れた場所で そこで喜びを求めなさい 欲望を捨てて無一物となり 賢者は心の汚れから 自分を清めなさい ○この詩から学ぶこと  この詩も選択がテーマです。黒い行為を選ぶのか、白い行為を選ぶのか…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

どこにでも一人で飛ぶこの心制御する人解放される

ダンマパダ 37 遠くに飛び、一人で動く 身体はないが、身体にいる 心を制御する人々は 悪魔の支配から自由になるだろう ○この詩から学ぶこと  今日は先ず、昨日の問題の回答を書かなければならないでしょう。昨日の問題(心は五感では知れないのに)「私たちはなぜ心の存在を知っているのでしょうか?」  コメ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

粗雑に葺かれた屋根は雨が漏る修行しないと欲望増える

ダンマパダ 13、14 粗雑に葺(ふ)かれた屋根からは 雨が漏るように 修行されてない心には 欲望が入り込む 丁寧に葺かれた屋根からは 雨が漏らないように よく修行された心には 欲望が入り込まない 〇この詩から学ぶこと  屋根から雨漏りしたら困ります。同様に心に欲望が入りこんだら困るのだと釈尊は仰いま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

もろもろの欲望捨てて出家する欲望消えた彼はバラモン

ダンマパダ 415 この世の欲望を捨て去って 出家して遊行する 欲望の生活が消えた人 彼を私はバラモンと呼ぶ ○この詩から学ぶこと  この詩では、「この世の欲望を捨て去って」この段階に到る前段階が難しいのではないのかなと思います。このような発想に至らないのです。この道に進むためには、仏教の情報が必要なのです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more