テーマ:欲望

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 2偈

2 風によって吹き上げられた塵が雨によって静まるように、ひとが明らかな知慧によって見るときに、諸の欲望の思いが静まる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 「風によって吹き上げられた塵が雨によって静まるように」という譬喩によって、「明らかな知慧によって見ると…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第3章 愛執 第3偈

3 人々は盲目なる欲望の網のうちに投げ込まれ、愛執に覆われて、放逸(わがまま)であり、獄舎にとじこめられている。__魚が漁猟(すなどり)の網の目にかかったように。かれらは老いと死に向う。__乳を吸いたがる子牛が母牛に向うように。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第2章 愛欲 第14偈

14 欲望によっては満足することがないから、明らかな知慧をもって満足するほうが優(すぐ)れている。明らかな知慧をもって満足する人を、愛執が支配することができない。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 「欲望によっては満足することがない」ことを、少し先取りして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第2章 愛欲 第13偈

13 諸の欲望にしたがっているあいだは、心が満足を得ることが無かった。しかし欲望から退き休止することを反省して見て、明らかな知慧によってよく満足した人々は、実に満足しているのである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント ダンマパダ326偈は「この心は、以前に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第2章 愛欲 第7偈

7 世間における種々の美麗なるものが欲望なのではない。欲望は、人間の思いと欲情なのである。世間における種々の美麗なるものはそのままいつも存続している。しかし思慮ある人々はそれらに対する欲望を制してみちびくのである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント この偈…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

侮ってはならないもの

ワン爺の独り言(2018年2月28日) 「火は、小さくとも侮ってはならない。毒を持つ生きものは小さくとも侮ってはならない。そして、欲望はたとえそれが小さくとも決して侮ってはならないものである。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana048.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欲望を制し導くこと

ワン爺の独り言(2017.6.5.) 「愛し好むものによって欲望は生起する。それゆえに、愛し好むことのない人には、欲望は存在しない。欲望のない人には、愛し好むものは存在しない。」このようにSRKWブッダは教えています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou130.htm (以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激流を 誰が渡るか 大海を 誰が渡るか 誰が沈まぬか<再173>及び<再174><再175>

○ワン爺さんの独り言<173><174><175> ・・・ 欲望から離れることなど 誰もできないと言う人がいますが、 欲望よりも大きな目標を持った人は 欲望を捨てます。 第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 23.24.25. ○毎田周一先生訳 173. 「誰が一体この世で盲目の命の流れを渡るのでしょうか 誰がこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲望は 病気はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<再51>

○ワン爺さんの独り言<51> ・・・ 一人で生活すれば、 快適な生活は望めない。 それに満足できれば、 心は清浄になる。 51.第1 蛇の章 3.犀角経 17. ○毎田周一先生訳 「これは私にとつて禍いであり腫物であり難儀であり 病であり矢であり怖れである」と 欲望の向う処にこの怖れを見て 犀の角の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

欲望は 心を迷わす 危険あり 欲から離れ 一人歩く<再50>

○ワン爺さんの独り言<50> ・・・ 美味しいものも食べ、 楽な生活をするだけでよいのか? 人間として生まれたならば、 意味のある生き方をしたいものだ。 50.第1 蛇の章 3.犀角経 16. ○毎田周一先生訳 欲望はまことに色とりどりに甘く楽しく 様々の形をとつて心をかき乱す 欲望の向うにこの危険の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欲の根を 根こそぎ抜き取る 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再2>

○ワン爺さんの独り言<2> ・・・ 欲望は捨てられないが、 大きな欲望のために 小さな欲望を捨てることはできる。 第1 蛇の章 1蛇 2. ○スマナサーラ長老訳 池に生えた蓮華を(根こそぎ)取ってしまうように、 欲を残りなく断ってしまった修行者は 蛇が脱皮するように この世とかの世とをともに捨て去る。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

欲望を 制し振舞う ブッダ様 生老捨てる 法を教えて<1097>

○少年少女のためのスッタニパータ<1097> ・・・ 欲望を制した人の 振舞いはどんなものでしょうか? 急ぐことはないと思います。 また騒くことなく、静かでしょう。 第5 彼岸に到る道の章 12.ジャトゥカンニン経(ジャトゥカンニン学生の問い)2. ○中村元先生訳 1097 師(ブッダ)は諸々の欲望を制し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

欲のない 勇者がいると 聞いたので 寂静について 尋ねに来ました<1096>

○少年少女のためのスッタニパータ<1096> ・・・ 欲望がない人がいるなんて 信じられませんが、 そのような方がいるならば その人は死を恐れないのか 第5 彼岸に到る道の章 12.ジャトゥカンニン経(ジャトゥカンニン学生の問い)1. ○中村元先生訳 1096 ジャトゥカンニンさんがたずねた、 「わたく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いろいろな 修行はあるが こだわるな 欲の本質 究めるべきだ<940>

○少年少女のためのスッタニパータ<940> ・・・ 夢や希望はその人の欲望です。 ですから夢や希望を聞けば、 その人がわかります。 欲望はその人自身ですから。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 6. ○毎田周一先生訳 940. 世間では色々の学術を習うのであるが そんなものによって 世間へあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

欲望は 快と不快と 言うものから 現れいでて 断定される<867>

○少年少女のためのスッタニパータ<867> ・・・ 快と感じるものに対しては 欲しいという欲が現れます。 不快と感じられるものには 嫌だという怒りが現れます 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 6. ○毎田周一先生訳 867. 「この世で『快と不快』とはいわれることを元として 欲求が生じる 色や…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

それならば 如何なるものに 基づいて その欲望は 起こるのですか<866>

○少年少女のためのスッタニパータ<866> ・・・ 分からないことは、 分かる人がいるならば、 質問を途中でやめないで、 分かるまで質問した方がよい。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 5. ○毎田周一先生訳 866. 「それではその欲求は この世で何を元として起こるのでしょうか 又色々に考えて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

この世では 愛するものと 貪りは 欲に基づき 起こるのですよ<865>

○少年少女のためのスッタニパータ<865> ・・・ 欲しいものがない人には 好きなものがありません。 嫌いなものもありません。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 4. ○毎田周一先生訳 865. 「この世に愛があり 世間に拡がる貪りがあるのも欲求ゆえのことである 人が来世に向って希望を抱き それ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

諸々の 欲望すべて 超えた人 静かな人と 我は呼ぶなり<857>

○少年少女のためのスッタニパータ<857> ・・・ 欲のある人は 欲の思いに駆り立てられる。 欲のない人の 心は落ち着き、静かになる。 第3 八つの詩句の章 10.死前経 10. ○毎田周一先生訳 857. 色々の欲望を悉く顧みないでゆく人 こういう人を平安な人と私はいう 彼を縛るものは何もなく 彼は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

境い目を 超えたバラモンは 欲望も 離貪もともに 執着しない<795>

○少年少女のためのスッタニパータ<795> ・・・ 何かを知っているから偉いとか、 何かを知らないから偉くないとか そういうことではないのです。 それにとらわれないことが大切です。 第3 八つの詩句の章 4.清浄八詩句経 8. ○毎田周一先生訳 795. 罪の及ぶ境を超えて道に達した人には 何かを知ってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

欲するものが 得られないなら その人は 矢に刺された ように苦しむ<767>

○少年少女のためのスッタニパータ<767> ・・・ ブランド品の バックでなくても それより使いよく 安いものがたくさんあるよ。 第3 八つの詩句の章 1.欲望経 2. ○中村元先生訳 767 欲望をかなえたいと 望み貪欲の生じた人が、 もしも欲望をはたすことができなくなるならば、 かれは、矢に射ら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

淫欲と 欲望捨てて いきものを 避けることなく 執着もしない<704>

○少年少女のためのスッタニパータ<704> ・・・ 弱い友達でも 強い友達でも 分けへだてなく 仲良く遊びましょう。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 26. ○中村元先生訳 704 婬欲のことがらを離れ、 さまざまの愛欲をすてて、 弱いものでも、強いものでも、諸々の生きものに対して、 敵対すること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もろもろの 欲望捨てて 出家する 欲望消えた 彼はバラモン<639>

○少年少女のためのスッタニパータ<639> ・・・ 欲を捨てるなんて できるかな? 欲より大切なものが 見つかれば できるとも。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 46. ○中村元先生訳 639 この世の欲望を断ち切り、 出家して遍歴し、 欲望の生活の尽きた人、 ──かれをわたくしは<バラモン>…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欲を捨て シャトルのような 真直ぐな 聖者に捧げよ 功徳を求めて<464>

○少年少女のためのスッタニパータ464. ・・・ 梭(ヒ)という言葉、 英語ではシャトル。 使わなくなった物の名前だから、 意味がわからない。 言葉も生まれては死ぬんだな。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)10. ○中村元先生訳 464 諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最大の 苦痛を得ている 我が心 欲を望まぬ 見よこの清浄を<435>

○少年少女のためのスッタニパータ435. ・・・ 寒ければ暖房が欲しいと思い、 暑ければ冷房が欲しいと思い、 お腹がすけば何か食べたいと思い、 のどが渇けば何か飲みたいと思う。 しかし、目標のある人は そんなことはどうでもよい。 スッタニパータ435.第3 大きな章 2.精勤経 11. ○中村元先生訳 4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

修行者は 迷いの生活 超越し この世において 正遊行する<361>

○少年少女のためのスッタニパータ361. ・・・ 欲望は人を支配している。 しかし、欲望を作ったのは人だ。 人が欲望の主人だ。 そうであるならば、 人は欲望を支配できるはずだ。 スッタニパータ361. 第2 小さな章 13.正遍歴遊行経 3. ○中村元先生訳 361 修行者が、迷いの生活を超越し、理法を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

激流を 誰が渡るか 大海を 誰が渡るか 誰が沈まぬか<173>及び<174><175>

○少年少女のためのスッタニパータ173.174.175. ・・・ 仏教は体は死ぬが 心は死なないと教えます 心は死ななくても、 心を汚すと地獄へ行くと教えます。 173.174.175.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 23.24.25. ○毎田周一先生訳 173. 「誰が一体この世で盲目の命の流れを渡るのでせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間は 何に悩むか どうすれば その悩みから 解放されるか<170>、<171>及び<172>

○少年少女のためのスッタニパータ170.171.172. ・・・ 人間は六つのタイで悩みます。 見たい、聞きたい、 嗅ぎたい、味わいたい、 触りたい、考えたい。 170.171.172.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 20.21.22. ○毎田周一先生訳 170. 「それによつて世間の人が悩まされてゐる執著と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲望と 怒りと無知で その心 汚れていないか 智慧はあるのか<160>及び<161>

○少年少女のためのスッタニパータ160.161. ・・・ 人間の問題は 欲と怒りと無知です。 この問題を解決しなければ 戦争も環境破壊のなくなりません。 160.161.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 8.9. ○毎田周一先生訳 160(8) 「欲望を起こされることはないか                 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欲望は 束縛であり 苦しみだ 釣り針と知り 一人で歩く<61>

○少年少女のためのスッタニパータ61 ・・・ 愚かな魚は エサに釣針がついていても パクリと食べる。 賢い魚は釣針があれば 食いつかない。 61.第1 蛇の章 3.犀の角経 27 ○毎田周一先生訳 「これは束縛であり ここには幸せも 楽しさも少なく それにもましてここには苦しみがあり これは魚を釣る針である…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

子も妻も 父母及び 財産も すべてを捨てて 一人で歩く<60>

○少年少女のためのスッタニパータ60 ・・・ 欲望を満たすことが 幸福ではなく、 苦しみの原因だと知ったら、 欲望を捨てますか? 60.第1 蛇の章 3.犀の角経 26 ○毎田周一先生訳 子も妻と父と母も 財産も穀物も親族も 色々の欲望も すべてを捨てて 犀の角のやうにただ一人歩いてゆかう ○…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more