テーマ:彼岸に到る道の結語

譬えなき 不動の境地に 到ること 確信したと 認めて下さい<149>

○少年少女のためのスッタニパータ<1149> ・・・ 仏教の信とは 自分を信じること。 解脱できることを 信じること。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 26.(19) ○中村元先生訳 1149 どこにも譬うべきものなく、奪い去られず、動揺することのない境地に、 わたくしは確かにおもむく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

一切を 熟知していて 人々の 疑問に答え 解決される<1148>

○少年少女のためのスッタニパータ<1148> ・・・ ややっこしく書いてあることは 書いている人が よく分かってない場合が多い。 ブッダの言葉は明瞭です。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 25.(18) ○中村元先生訳 1148 神々に関してもよく熟知して、 あれこれ一切のことがらを知…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

釈迦牟尼の 言葉を聞いて さらにまた 正自覚者を 浄信しました<1147>

○少年少女のためのスッタニパータ<1147> ・・・ 信じることで 一番大切なことは 自分自身を信じることです。 自分ができると信じなければ 何もできません。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 24.(17) ○中村元先生訳 1147 (ピンギヤはいった)、 「わたくしは聖者のことばを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

信仰を 解き放つべし ピンギヤよ 死の領域の 彼岸に行ける<1146>

○少年少女のためのスッタニパータ<1146> ・・・ 信じることは大切です。 しかし、よく理解して信じるのです。 盲信は危険です。 盲信は怠けものすることです。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 23.(16) ○中村元先生訳 1146 (師ブッダが現れていった)、 「ヴァッカリやバドラ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

身体では ブッダのもとに 行けないが 心はすぐに 飛んで行けるよ<1144>

○少年少女のためのスッタニパータ<1144> ・・・ 心さえ結びついていれば、 どんなに離れていても、 寂しくないよ。 心はどこでも飛んで行けるから。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 21.(14) ○中村元先生訳 1144 わたくしは、もう老いて、気力も衰えました。 ですから、わが身…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

信と喜と 心と念が 教えから 離させません どんな場合でも<1143>

○少年少女のためのスッタニパータ<1143> ・・・ 人との出会いは大切だ。 その相手がブッダだったら、 それは奇跡に等しい幸運だ。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 20.(13) ○中村元先生訳 1143 信仰と、喜びと、意と、念いとが、 わたくしを、ゴータマの教えから離れさせません。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わたくしは 昼夜にわたり ゴータマを 念じているので 離れていない<1142>

○少年少女のためのスッタニパータ<1142> ・・・ 私はいつも お釈迦さまの教えを守り 慈しみの心を育て 礼拝しています。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 19.(12) ○中村元先生訳 1142 バラモンさま。 わたくしは怠ることなく、 昼夜に、心の眼を以てかれを見ています。 か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バラモンよ 智慧の豊かな ゴータマを 離れ住むことが できないのです<1140>と<1141>

○少年少女のためのスッタニパータ<1140><1141> ・・・ 親しい人や 愛する人と離れて 生活することは 辛いことですね。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 17.18.(10)(11) ○中村元先生訳 1140 (ピンギヤがいった)、 バラモンさま。わたくしは、 智慧ゆたかなゴ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ピンギヤよ 智慧の豊かな ゴータマを 離れ住むことが できるのだろうか<1138>と<1139>

○少年少女のためのスッタニパータ<1138><1139> ・・・ お釈迦さまのような方がおられたら、 そこから離れられなくなりますね。 あるいは、怖くなって逃げだすかな? 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 15.16.(8)(9) ○中村元先生訳 1138 (バーヴァリがいった)、 「ピン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

即座の 法を説示した 釈尊に 比すべき人は どこにもいない<1137>

○少年少女のためのスッタニパータ<1137> ・・・ 生きとし生けるものが幸せでありますように と素直な気持ちで唱えて下さい。 先ず、あなたが幸せになります。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 14(7) ○中村元先生訳 1137 即時に効果の見られる、時を要しない法、 すなわち煩悩なき<…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゴータマは 暗黒払い 光放つ 智慧がゆたかで 叡智ゆたかだ<1136>

○少年少女のためのスッタニパータ<1136> ・・・ お釈迦さまの智慧は 人間の知恵とは違います。 人間を超えた存在の智慧なのです。 完全な智慧なのです。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 13(6) ○中村元先生訳 1136 かれは独り煩悩の暗黒を払って坐し、 高貴で、光明を放っていま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ゴータマの 以前の人は 伝聞で 思い考え 混乱ますのみ<1135>

○少年少女のためのスッタニパータ<1135> ・・・ あの人はああ言った。この人はこう言った。 自分の意見はどうなのと聞きたいですが、 それよりも大切なことは、事実はどうかなのです。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 12(5) ○中村元先生訳 1135 かつてゴータマ(ブッダ)の教えよりも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鳥たちが 豊かな森に 住むように 智慧ある人の もとを訪れた<1134>

○少年少女のためのスッタニパータ<1134> ・・・ 男子も女子も やさしい人が好きです。 だからみんな やさしい人になりましょう。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 11(4) ○中村元先生訳 1134 たとえば鳥が疎な林を捨てて 果実豊かな林に住みつくように、 そのようにわたくしも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バラモンよ 暗黒払い 世間解の 真理の人に 近侍しました<1133>

○少年少女のためのスッタニパータ<1133> ・・・ どのような分野でも 超一流の達人、名人には それなりのオーラがあって そのそばで学ぶことがあります。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 10(3) ○中村元先生訳 1133 バラモンよ。暗黒を払う<目ざめた人>(ブッダ)、あまねく見る人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

煩悩と 迷いと高慢 隠し立て 捨てたお方を 称賛しましょう<1132>

○少年少女のためのスッタニパータ<1132> ・・・ なぜか好かれる人は 「優しさ」を追求する。 煙たがれる人は、 「効率」を追求する。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 9(2). ○中村元先生訳 1132 垢と迷いを捨て去って、 高慢と隠し立てとを捨てている(ブッダ)の、 讃嘆を表…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピンギヤは 師匠のもとに 復命し 彼岸への道 復唱始める<1131>

○少年少女のためのスッタニパータ<1131> ・・・ 困難が尊いわけではないが、 真理を求めるためには、 いかなる困難にも 負けないということは大切だ。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 8. ○中村元先生訳 1131 ピンギヤさんは(バーヴァリのもとに帰って、復命して)いった、 「<彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最上の 道修めると 彼岸に到る 彼岸に到る 道といわれる<1130>

○少年少女のためのスッタニパータ<1130> ・・・ 人生には いろいろな道がありますが、 最上の道は 彼岸への道といわれる。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 7. ○中村元先生訳 1130 最上の道を修める人は、 此岸から彼岸におもむくであろう。 それは彼岸に至るための道である。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

釈尊が 答えたように 行えば 彼岸の世界に 赴くだろう<1129>

○少年少女のためのスッタニパータ<1129> ・・・ 先生に質問ありますかと 問われても よく分からない生徒は 質問できません。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 6. ○中村元先生訳 1129 一つ一つの質問に対して <目ざめた人>が説かれたように、 そのように実践する人は、 此岸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

太陽の 親族である 釈尊の 言葉を聞いて その場で実践<1128>

○少年少女のためのスッタニパータ<1128> ・・・ 先生の話を聞いたら、 その場で理解すること。 録音して後で 勉強しようとしないこと。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 5. ○中村元先生訳 1128 かれらは、太陽の裔である目ざめた人・ 眼ある者(ブッダ)に満足して、 優れた智慧…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

質問に 応じて答える 覚者には バラモン達は 満足したのだ<1127>

○少年少女のためのスッタニパータ<1127> ・・・ 長年修行を続けた 学生たちを満足させる 解答がでるのは 世間にはない智慧だから。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 4. ○中村元先生訳 1127 かれらが質問を発したのに応じて、 目ざめた人はあるがままに解答された。 聖者は、諸々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

十六人の 学生達が 釈尊に 質問するため 近づき行った<1124~1126>

○少年少女のためのスッタニパータ<1124~1126> ・・・ ブッダと学生達との対話は 何時に始まって 何時に終わったのだろう。 この対話を読んだ人の中に 悟った人がいるのではないかな。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 1.2.3. ○中村元先生訳 1124 アジタと、ティッサ・メッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

釈尊は 十六人の 学生に 彼岸に至る 道説きました<1124偈の前の序>

○少年少女のためのスッタニパータ<1123の前の序> ・・・ スッタニパータの 終わりに近づいた。 終わり良ければ すべてよし。 第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語の序. ○中村元先生訳 彼岸に到る道の結語の序. 師(ブッダ)は、マガダ国のパーサーカ霊地にとどまっておられたとき、以上の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more