テーマ:コーカーリヤ経

荷車に 山ほど積まれた ゴマの数 地獄の亡者の 寿命と同じ<677>及び<678>

○少年少女のためのスッタニパータ<677.678.> ・・・ 地獄に落ちれば、 長い間苦しむことになるから、 人を非難しないように、 人に悪意を持たないように。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 21.22. ○中村元先生訳 677 紅蓮(ぐれん)地獄に運び去られた者(の寿命の年数)は、 荷車につん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄では 過酷で悲惨 それ故に 残りの生を 不放逸であれ<676>

○少年少女のためのスッタニパータ<676> ・・・ 地獄はつらい 苦しい所だから、 地獄に行かないように これはらは注意しよう。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 20. ○中村元先生訳 676 罪を犯した人が身に受けるこの地獄の生存は、 実に悲惨である。 だから人は、この世において余生のあるうち…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

黒犬や 斑犬・野狐に 噛みつかれ 鷲・鷹・カラスに ついばまれるよ<675>

○少年少女のためのスッタニパータ<675> ・・・ 一匹の犬にかまれても 一羽のカラスにつつかれたても とても怖ろしいのに 大群で襲ってきたらどうでしょう 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 19. ○中村元先生訳 675 そこには黒犬や斑犬や黒烏の群や 野狐がいて、 泣きさけぶかれらを貪り食うて飽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カミソリの 流れる川の ヴェータラニー 愚かな者は そこに陥る<674>

○少年少女のためのスッタニパータ<674> ・・・ お釈迦さまの地獄の話は人から 聞いたものであなく、 御自分で見て、 知ったものだと言われています。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 17. ○中村元先生訳 674 また次に(地獄に墜ちた者どもは)、超え難いヴェータラニー河に至る。 その河の流れは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

剣林で 手足切られて 釣り針を 舌にかけられ 打ちつけられる<673>

○少年少女のためのスッタニパータ<673> ・・・ 地獄で手足を切られるのは 手足で悪ことをしたから、 舌を引っ張りだして切られるのは 嘘をついたから。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 17. ○中村元先生訳 673 また鋭い剣の葉のついた林があり、 (地獄に墜ちた者どもが)その中に入ると、手足を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その釜は 蛆虫の棲む 水釜で 苦しめられる 糞地獄という<672>

○少年少女のためのスッタニパータ<672> ・・・ 糞地獄に住む蛆虫は 針の口があり、 皮膚を破って 骨の髄(ずい)まで食べる。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 16. ○中村元先生訳 672 また蛆虫の棲む水釜があり、 罪を犯した人はその中で煮られる。 出ようにも、つかむべき縁がない。 その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釜の中 膿汁と血が 混ざり合い どちらを向いても 触れて汚れる<671>

○少年少女のためのスッタニパータ<671> ・・・ 膿と血が混ざった液体に 指の先でも触れるのは 不潔で我慢が出来ない。 その中で身体を煮られたらどうだろう。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 15. ○中村元先生訳 671 また膿や血のまじった湯釜があり、 罪を犯した人はその中で煮られる。 かれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

更にまた 銅の大釜に 入れられて 長く煮られて 浮き沈みする<670>

○少年少女のためのスッタニパータ<670> ・・・ 地獄の怖さ苦しさを よくよく知った方がよい。 悪いことは 絶対したくないと思うように。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 14. ○中村元先生訳 670 また次に(地獄に堕ちた者どもは) 火炎があまねく燃え盛っている鋼製の釜にはいる。 火の燃え盛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その次は 大きな網を かぶせられ 鉄槌で打たれる そこは暗闇<669>

○少年少女のためのスッタニパータ<669> ・・・ 更にまた 網をかぶせられて 鉄槌で打たれる 生きていられぬが 死ぬこともできない。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 13. ○中村元先生訳 669 またそこでは(地獄の獄卒どもは)鉄の網をもって(地獄に墜ちた者どもを)からめとり、 鉄槌をもって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄には 愛語はなくて 助けない 炭火の上で 焼かれて眠る<668>

○少年少女のためのスッタニパータ<668> ・・・ やさしい言葉なく 助けがなければ 地獄と同じ。 君が変えて下さい。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 12. ○中村元先生訳 668 (地獄の獄卒どもは「捕えよ」「打て」などといって)、 誰もやさしいことばをかけることなく、 (温顔をもって)向って…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

地獄では 槍にさされて 鉄玉を 食べさせられる 悪業による<667>

○少年少女のためのスッタニパータ<667> ・・・ 地獄に落ちた者は 針の山を登り 槍の林を進みます。 食べ物は真っ赤に焼けた 鉄の塊です。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 11. ○中村元先生訳 667 (地獄に墜ちた者は)、鉄の串を突きさされるところに至り、 鋭い刃のある鉄の槍に近づく。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誰であれ 行為の結果は 滅しない 罪を作れば 苦しみを見る<666>

○少年少女のためのスッタニパータ<666> ・・・ 君についてくる影から 逃げることができますか 悪いことをしたら、悪いことが 影のように君についてくるよ 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 10. ○中村元先生訳 666 けだし何者の業も滅びることはない。 それは必ずもどってきて、(業をつくった)主…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

善人を 非難しながら 罪つくり 無限の時間を 地獄で過ごす<665>

○少年少女のためのスッタニパータ<665> ・・・ お前のすることは 自分に泥を塗るようなこと。 何故、自分を汚して 地獄に行くのか? 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 9. ○中村元先生訳 665 お前は塵を播いて不利を招き、罪をつくりながら、 諸々の善人を非難し、 また多くの悪事をはたらいて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コーカーリヤよ 貪欲に従い 他をそしる 信なくケチで 陰口を言う<663>

○少年少女のためのスッタニパータ<663> ・・・ 貪欲な人は 性格が悪い。 不誠実で、不親切で、ケチだ。 そして口が悪い。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 7. ○中村元先生訳 663 種々なる貪欲に耽る者は、 ことばで他人をそしる。 ──かれ自身は、信仰心なく、ものおしみして、不親切で、けち…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

罪のない 清らかな人 悪意もつなら 悪の結果は 己に戻る<662>

○少年少女のためのスッタニパータ<662> ・・・ サーリプッタ尊者や モッガッラーナ尊者のような 罪のない清らかな人を 誹謗・中傷するならば 地獄に落ちるよ。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 6. ○中村元先生訳 662 害心なく清らかで罪汚れのない人を憎むかの愚者には、 必ず悪(い報い)がも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

嘘つきと 悪為しながら 為さないと 言う者ともに 地獄に落ちる(661)

○少年少女のためのスッタニパータ<661> ・・・ いつも大切なことは 相手の気持ちになって 考えることです。 もしあなたが嘘をつかれたら どんな気がするでしょうか? 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 5. ○中村元先生訳 661 嘘を言う人は地獄に墜ちる。 また実際にしておきながら「わたしはしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

賭け事で 一切なくしても 聖者を ののしる不運に 比べられない<659>及び<660>

○少年少女のためのスッタニパータ<659.660.> ・・・ 賭け事で全てをなくしても 不運で死んでしまっても この世で終わるが、 聖者非難の罪は 何千億年の地獄の苦しみを 何回も繰り返すのだ。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 3.4. ○中村元先生訳 659 賭博で財を失う人は、 たとい自身…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

悪人を 褒め善人を 貶す人 その言葉よって 不幸になるよ<658>

○少年少女のためのスッタニパータ<658> ・・・ 悪い人を褒め 良い人を非難する人は その言葉によって運が悪く成る。 運が悪く成ると幸福になれない。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 2. ○中村元先生訳 658 毀るべき人を誉め、 また誉むべき人を毀る者、 ──かれは口によって禍をかさね、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生まれると 口の中には 斧生じ 悪口言うと 己を切り裂く<657>

○少年少女のためのスッタニパータ<657> ・・・ 言葉の使い方には 注意が必要です。 正しく使えば幸福になり、 悪く使えば不幸になります。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 1. ○中村元先生訳 657 人が生まれたときには、 実に口の中には斧が生じている。 愚者は悪口を言って、 その斧によっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コーカーリヤは 舎利弗・目連を 誹った 紅蓮(地獄に 堕ちたと言われる<657の前の序>

○少年少女のためのスッタニパータ<657の前の序> ・・・ 聖者をののしると 地獄に落ちると言われています。 だれが聖者か分からないから 人をののしるのはやめた方がよい。 第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 序 ○中村元先生訳 わたしか聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)は、サーヴァッティー市…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more