テーマ:死の恐怖

今できる良いと思うことを真剣に行う

昨日は、月に一度くらい電話をくれる方から電話を頂きました。 彼も私も電話かけ放題の契約になっていますから、長電話をします。 以前は北海道からの電話でしたが、今回は大阪に戻ったので、大阪からだということです。 彼からの電話について以前にも書いたことがありますが、内容はいろいろです。 彼は24歳の頃、神秘体験をして、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あり得べき正しい見解(2)

ワン爺の独り言(2017年12月7日) 「命を繋ぐことにこだわる者は、死を怖れている。」死によって命を繋ぐことができなくなるためですが、これらの人々は死を超えることができるとは知らないからです。明知ある人は死は超えることができると知っているのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「為すべきことを為し終えた」の続き「死を超える」

ワン爺の独り言(2017.2.14.) 私は人がなぜ死を恐れるのか?という問いに対して、「かれがこの世において為すべきことをまだ為し終えていないからである。」という答えは初めて聞いた答えです。SRKWブッダの説明を読んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou022_sub.h…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

死ぬことが 一番の恐怖 どのように 恐怖をなくすか お尋ねしよう<再166>及び<再167>

○ワン爺さんの独り言<166><167> ・・・ 人間の恐怖のなかで 最大のものは死ぬことだろう。 しかし、死にたいと思っている人もいる。 本心は分かりませんが。 第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 16.17. ○毎田周一先生訳 166 獅子のように独立の道をゆき 象のように欲望を顧みないで進まれる その人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

激流を 誰が渡るか 大海を 誰が渡るか 誰が沈まぬか<173>及び<174><175>

○少年少女のためのスッタニパータ173.174.175. ・・・ 仏教は体は死ぬが 心は死なないと教えます 心は死ななくても、 心を汚すと地獄へ行くと教えます。 173.174.175.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 23.24.25. ○毎田周一先生訳 173. 「誰が一体この世で盲目の命の流れを渡るのでせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more