テーマ:十二因縁

執着の 因縁により 生がある 生まれた者は 死苦があるなり<742前の散文と742.743.>

○少年少女のためのスッタニパータ<742前の散文と742.743.> ・・・ 執着があると なんとしてでも生きたいと思う。 それがあるから 死んでも生まれ変わる。 第3 大きな章 12.二種の観察経 19前の散文と19.20. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

渇愛は 苦の原因だと よく知って 比丘は眼を開け 遍歴すべき<740前の散文と740.741.>

○少年少女のためのスッタニパータ<740前の散文と740.741.> ・・・ 好きなものを見ると ほしいと思う。 これが渇愛です。 第3 大きな章 12.二種の観察経 17前の散文と17.18. ○中村元先生訳  「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

戦場で 百万人に 勝つよりも 一人の己に 打ち勝ちがたい(103)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー  サハッサン  サハッセーナ Yo    sahassaṃ    sahassena, 彼が  千に     千によって (千×千=百万) サンガーメー  マーヌセー  ジネー saṅgām…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more