テーマ:暴力

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 39偈

39 敵意ある者どもの間にあって敵意なく、暴力を用いる者どもの間にあってやすらいでいて、生ける者どものために同情する人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 人間は、本来やさしい存在ではあるのですが、心にある名称作…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 3偈、4偈

3 生きとし生ける者は安楽をもとめている。もしも暴力によって生きものを害するならば、その人は自己の安楽をもとめていても、実は安楽を得ることができない。 4 生きとし生ける者は安楽をもとめている。もしも暴力によって生きものを害することがないならば、その人は自己の安楽をもとめているが、死後には安楽が得られる。 (ダンマパダ131…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第5章 愛するもの 19偈

19 すべての者は暴力におびえている。すべての(生きもの)にとって生命が愛(いと)しい。己(おの)が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。 (ダンマパダ130 すべての者は暴力におびえている。すべての(生きもの)にとって生命が愛(いと)しい。己(おの)が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔から 人間たちは 生命を 殺してきたが バラモンがした<再312>

○ワン爺さんの独り言<312> ・・・・・ 皆がしているから、 自分もするのではなく、 善いことはして 悪いことはしないこと。 第2 小さな章 7.バラモン法経 29. ○中村元先生訳 312 このように(殺害の)武器を不法に下すということは、 昔から行われて、今に伝わったという。 何ら害のない(牛が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

村や町 滅ぼし殺す 圧制者 無慈悲な奴は 賤民と言う<再118>

○ワン爺さんの独り言<118> ・・・ 五戒を守れば 真理に反せず 慈悲の心を 実践できる。 第1 蛇の章 7.賤民経 3. ○毎田周一先生訳 118. 村や小さい町を 暴力で抑えて 顔役といふ悪名の高い人 彼を「賤民」と知るべきである ○中村元先生訳 118. 村や町を 破壊し、包…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バラモンは どんな時でも 敵意なく 心静かで 執着しない<630>

○少年少女のためのスッタニパータ<630> ・・・ あの子はいじわるでも、 ぼくはいじわるしない。 あの子はぶつけど、 ぼくはぶたない。 ぼくは楽しく遊ぶのだ。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 37. ○中村元先生訳 630 敵意ある者どもの間にあって敵意なく、 暴力を用いる者どもの間にあって心お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生きものに 暴力振るわず 殺さない 殺させもしない 彼はバラモン<629>

○少年少女のためのスッタニパータ<629> ・・・ なぜ殺してはいけないの? 君は殺されたどうですか? 嫌だ。 だから殺してはいけないよ。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 36. ○中村元先生訳 629 強くあるいは弱い生きものに対して 暴力を加えることなく、 殺さず、また殺させることのない人、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものを 慈しむけど 子をもたず 仲間求めず 一人で歩く<35>

○少年少女のためのスッタニパータ35 ・・・ 友だちがほしいくせに、 なぜいじめるの? 両方やめたら、 友だちができるかも。 35.第1.蛇の章 3.犀の角経 1. ○毎田周一先生訳 一切の生きものに杖をふるはず その一つをさえ悩ますことなく 子供や仲間を欲しがらないで 犀の角のやうにただ一人歩いてゆか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

職人は 材料ととのえ 仕事する 清浄な人は 自己をととのえる(145)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ウダカンヒ   ナヤンティ  ネッティカー Udakañhi    nayanti    nettikā, 水を まさに  導く     治水者は ウサカーラー  ナマヤンティ  テージャナン usukār…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

注意して ムチに打たれぬ 馬のよう 恥知って 悪事を避けよ(143)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヒリーニセードー  プリソー Hirīnisedho     puriso, 慚により制する   人 コーチ  ローカスミ  ウィッジャティ koci    lokasmi    vijjati; 誰か   世に     見出される…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

着飾るも 冷静自制 純潔な 暴力振るわぬ 彼はバラモン(142)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アランカトー  チェーピ  サマン   チャレッヤ Alaṅkato     cepi     samaṃ  careyya, 着飾ると    いえども   正しく   行い サントー  ダントー  ニヤトー  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もろもろの 苦行はあるが 意味はない 疑惑の人を 浄化はできない(141)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   ナッガチャリヤー  ナ   ジャター  ナ   パンカー Na   naggacariyā      na    jaṭā    na    paṅkā, ない  裸身の行     …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は(137~140)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は 次の災難 訪れる 激しい痛みと 老衰と 身体の破壊と 重病と 心の錯乱 逮捕投獄 誹謗中傷 一族滅亡 破産の末に 火事に遭い 死後は必ず 地獄に再生(137~140)  ヨー …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

愚か者 悪をしながら 気付かない 自分の行為で 自分で苦しむ(136)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アタ  パーパーニ  カンマーニ Atha  pāpāni     kammāni, また  悪い     行為を カラン    バーロ   ナ    ブッジャティ karaṃ     bā…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

刻々と 老いと死とが 追い立てる 生きものたちを 牛飼いの如く(135)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤター  ダンデーナ   ゴパーロー Yathā   daṇḍena     gopālo, ように  棒によって  牛飼いが ガーウォー  パージェーティ  ゴーチャラン gāvo  …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

乱暴な 言葉言われど 冷静で 穏やかな人 涅槃の境地 (134)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 サチェー   ネーレースィ   アッターナン Sace     neresi       attānaṃ, もし     動かさない    自己を カンソー  ウパハトー   ヤター kaṃso    upa…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

誰にでも 荒い言葉を 使うなよ 言われた人は 言い返すだろう(133)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マーヲーチャ  パルサン   カンチ Māvoca      pharusaṃ   kañci, 言うなかれ   粗暴な    誰にも ウッタ-     パティワデッユ  タン vuttā       …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生きものは 幸せ求める そうだから 害さない人 幸せになる (132)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 スカカーマーニ   ブーターニ Sukhakāmāni    bhūtāni, 幸せを願う     生き物を ヨー    ダンデーナ ナ   ヒンサティ yo     daṇḍe…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生きものは 幸せ求める それなのに 害する人は 不幸になるよ(131)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 スカカーマーニ  ブーターニ Sukhakāmāni   bhūtāni, 幸せを願う    生き物を ヨー    ダンデーナ  ウィヒンサティ yo     daṇḍena …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

人々は 命愛しむ それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ(130)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 サッベー      タサンティ  ダンダッサ Sabbe        tasanti    daṇḍassa, すべての者は   震える    棒(暴力)に サッベーサン      ジーウィタン   ピヤン sa…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

人々は 死ぬこと恐れる それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ(129)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 サッベー      タサンティ   ダンダッサ Sabbe        tasanti     daṇḍassa, すべての者は   震える    棒(暴力)に サッベー      バーヤンティ  マッチュノー…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

145.善者は自己を調御する

ダンマパダ 第10 悪の章 145 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 灌漑人は水を導き 矢作り人は矢を矯める 木工…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

143.144.良馬はムチに打たれないように恥を知って自己を制御する

ダンマパダ 第10 暴力 143,144 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 良馬が鞭に対するように 非難を気にす…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

142. たとえ着飾るとも、行いが正しい

ダンマパダ 第10 暴力の章 142 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 飾りをつけても、正しく行ない 静まり、調御し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

141.疑惑を越えない人を浄化できない

ダンマパダ 第10 暴力の章 141 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 裸形、結髪(けつぱつ)、泥の塗(まみ)れも…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

137~140. 暴力で無抵抗な 罪なき人々を害するならば

ダンマパダ 第10 暴力 137~140 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 鞭も害意もなき者を鞭によって害するなら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

136. 愚かな者は悪いこととは気づかない

ダンマパダ 第10 暴力の章 136 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 愚者は悪しき業をなし しかも覚ることがない …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

135.老いと死とは追い立てる

ダンマパダ 第10 暴力の章 135 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 牛飼い人が鞭により 牛を牧場に追うように …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

133.134.粗暴な言葉を言うなかれ

ダンマパダ 第10 暴力の章 133、134 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 粗暴な言葉を言うなかれ 言われた…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

131.132. 生きものたちは幸せを求めている

ダンマパダ 第10 暴力の章 131、132 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 自己の楽を望みつつ 楽を求める生き物…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more