テーマ:精進

精進

ワン爺の独り言(2018年4月26日) 「精進する人をもろもろの仏は称讃する。それは自分だけでなく、周りの人々をも、現在の、また未来の多くの人々をも安らぎに近づけるものとなるからである。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana106.htm (以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「初心」忘るべからず

ワン爺の独り言(2017.5.4.) 「初心忘るべからず」と言葉がありますが、仏道においてもその通りです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou102.htm (以下引用) 【初心】 ある人が、自ら明晰であるにもかかわらず敢えて自分を初心者だと位置づけ、真実の教えを真実に聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜びは 精進の結果 賞賛も 重荷を背負った 精進による<再256>

○ワン爺さんの独り言<256> ・・・ 楽して、喜ぼうなど 考えるだけ無駄なこと。 苦労して、努力して、 本当の喜びがあるのだから。 256.第2 小さな章 3.恥経 4. ○中村元先生訳 256 成果を望む人は、 人間に相応した重荷を背負い、 喜びを生じる境地と 賞讃を博する楽しみを修める。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

精進は 犂(スキ)引く荷駄牛 荒れ果てた 心耕し 平安にする<再79>

○ワン爺さんの独り言<79> ・・・ 精進と言えば 精進料理を思い出すが、 あれも精進なのかな? 79.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 4. ○毎田周一先生訳 努力が私にとつて「くびき」をかけた牡牛であり  これが究極の安らぎへ連れていつてくれる それは後戻りしないで進み そこへゆけばも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一切の 悪から離れ 苦を超えて 精進努力 する彼は慧者<531>

○少年少女のためのスッタニパータ<531> ・・・ どんな悪いことも 決してしない人は 努力している人なのです。 お釈迦様はそのような人を 智慧ある人だと褒めました。 第3 大きな章 6.サビヤ経 22. ○中村元先生訳 531 この世で一切の罪悪を離れ、 地獄の責苦を超えて努め励む者、 精励する賢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれこれの 聖なる法を 知る方よ 慈雨の如くに 言葉が欲しい<353>

○少年少女のためのスッタニパータ353. ・・・ 日照りの時は 何よりも雨が欲しい。 問題があれば、 答えが欲しい。 スッタニパータ353. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 11. ○中村元先生訳 353 あれこれの尊い理法を知っておられるのですから、 (みずからは)知りながら[語らないで、われら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

喜びは 精進の結果 賞賛も 重荷を背負った 精進による<256>

○少年少女のためのスッタニパータ256(4) ・・・ 楽して、喜ぼうなど 考えるだけ無駄なこと。 苦労して、努力して、 本当の喜びがあるのだから。 256.第2 小さな章 3.恥経 4. ○中村元先生訳 256 成果を望む人は、 人間に相応した重荷を背負い、 喜びを生じる境地と 賞讃を博する楽しみを…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

真実を 明らかに知り チュンダさん さらに高まる 尊敬と信頼<90>

○少年少女のためのスッタニパータ90 ・・・ 先生の良いところも 悪いところもよく知って 落胆することなく よく学ぼう ・・・ 世間の良いところも 悪いところもよく知って 落胆することなく よく生きよう 90.第1 蛇の章 5.チュンダ経 8. ○毎田周一先生訳 よく学び智慧明らかな在家の聖弟子が …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

精進は 犂(スキ)引く荷駄牛 荒れ果てた 心耕し 平安にする<79>

○少年少女のためのスッタニパータ79 ・・・ 精進とは心を変えること 怠ける心を怠けない心に 汚れた心を清らかな心に それにはエネルギーがいるのです。 精進はエネルギーを高めることです。 79.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 4. ○毎田周一先生訳 努力が私にとつて「くびき」をかけた牡牛であり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最高の 目的目指し 精進し ひるむことなく 一人で歩く<68>

○少年少女のためのスッタニパータ68 ・・・ 人間の生きる目的変化する。 始めは上手に動けるように、 次は豊かに感じられるように、 そして正しく考えられるように、 最後は心を清らかにするように。 68.第1 蛇の章 3.犀の角経 34 ○毎田周一先生訳 第一の真理に到らうとして怠ることなく 濶(ヒロ)やか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

善いことは 再三再四 繰り返せ 繰り返すなら 幸せになる(118)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 プンニャンチェー  プリソー  カイラー Puññañce      puriso    kayirā, 善を もし      人が    為すならば カイラーテータン   プナップナン kayir&…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

不精進 怠けて百年 生きるより 精進励み 一日生きよ(112)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー  チャ  ワッササタン  ジーウェー Yo    ca   vassasataṃ   jīve, 人が  又   百年       生きる クスィートー   ヒーナウィーリヨー kusīto     …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more