テーマ:因縁

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 77偈

77 熱心につとめ瞑想しているバラモンにとって、これらの徳が現れるとき、物事が因縁にもとづいて起こることを明らかに知るとき、かれの疑惑はすべて消え失せる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)   *法津如来のコメント 瞑想については昨日説明しました。 「これらの徳が現れ…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第26章 安らぎ(ニルヴァーナ) 9偈

9 ひとびとは因縁があって善い領域(=天)におもむくのである。ひとびとは因縁があって悪い領域(=地獄など)におもむくのである。ひとびとは因縁があって完き安らぎ(ニルヴァーナ)に入るのである。このように、このことは因縁にもとづいているのである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第16章 さまざまなこと 24偈

24 苦しみはつねに因縁からおこる。そのことわりを観(み)ないものだから、それによってひとは苦しみに縛られている。しかし、そのことを理解するならば、執著を捨て去る。けだし外の人々はその大きな激流を捨てないのである。                    以上第16章 さまざまなこと (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

道の歩みの可否

ワン爺の独り言(2018年5月16日) 「道の歩みの可否は、やる気(モチベーション)の問題ではない。もちろん、何かをしたからということでもない。道の歩みの可否は、『定まったか?』 どうかである。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana126.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

因果および縁起

ワン爺の独り言(2018年2月15日) 「因果は、ここに明らかな果(結果)があり、あれがまさしくその因であったと当事者に確信され、また第三者から見てもその(当事者が確信した)あれがまさしくその因であると考えられるという場合においてさえ、因果を確定することは実はできない。」これは重要な指摘です。
http://www.geo…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

因縁

ワン爺の独り言(2018年1月15日) 「人が解脱して覚りの境地に至ることに限らず、この世の出来事はすべからく因縁にもとづいて起こるのである。」を知ると同時に「世のさまざまな因縁を超えて覚りの因縁を生じ、自らの因縁によって円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと到達」できることを知るべきです。 http://www.geocities.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雑感

ワン爺の独り言(2017年9月17日) 今回はSRKWブッダの覚りについての雑感です。「他の人が覚った(悟った)と言う話や声を書物やインターネットで見聞きして、自分も仏になれるかも知れないと本気で思ったことが重要なターニングポイントであった。」と述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddh…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

因縁は起承転結とは無関係

ワン爺の独り言(2017年8月28日) 今回の理法は昨日の理法「因縁を生じるとき生じないとき」の続編にあたります。因縁が段階の説と起承転結と無関係であることがより具体的に書かれています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou204.htm (以下引用) 【因縁は起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因縁を生じるとき生じないとき

ワン爺の独り言(2017年8月27日) 覚りは因縁によって起きるものであるので、因縁とは違うもの、成長(段階の説)と物語(起承転結)などに基づいて修行しても、実りはないとSRKWブッダは言っているのだと思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou203.htm (以下引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因果のすがたの超克

ワン爺の独り言(2017年7月18日) 今回のテーマには、戸惑われる方もおられるかもしれません。仏教は因果応報を教えるものなのに、なぜ「因果のすがたの超克」なのかと。仏教は因果律を教えるものではなく、因縁を教えるものなのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou166.htm …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「法華経では」一大事因縁はどのように語られているのか?

ワン爺さんの独り言(2017.1.23.) 「一大事因縁」の理解を深めるために、法華経では一大事因縁がどのように語られているのか?SRKWブッダのHP「覚りの境地」から引用します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou002_sub.htm (以下引用) 【法華経では】 法華経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一大事因縁」はなぜそんなに重要なのか?

ワン爺さんの独り言(2017.1.22.) 「一大事因縁」はSRKWブッダの「理法(精選)」の一番に書かれている項目だったのですが、私はあえてこの項目をとばした。それが気になっていたのです。昨日「大事(一大事)」について学びましたので、仏教の核心である「一大事因縁」について学ぶ機会が出来ました。ではそれを引用します。 http://…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

質問に すべて答えて 頂いた 他に清浄の 境地はあるか<875>

○少年少女のためのスッタニパータ<875> ・・・ 難し問題の答えを聞いたら、 その答えも難しかった。 どうしたらいいのだろう。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 14. ○毎田周一先生訳 875. 「お尋ねしたことを 本当に明らかにお教え下さったので 更に付け加えてお尋ねしますが どうかそれも教…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠離こそ 学ぶべきだよ この道が 涅槃のそばに 君を導く<822>

○少年少女のためのスッタニパータ<822> ・・・ 勉強の最後のところは 孤独な作業です。 考えることも憶えることも 一人で行うことだから。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 9. ○毎田周一先生訳 唯一人ということをどうしても学ばねばならない これが最も気高いことである しかしこれだけで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more