テーマ:身語意

正しく「言葉を用いる」

ワン爺の独り言(2017.3.22.) 言葉を正しく用いることは、人間が日常生活を送る上で非常に大切なことです。これにより人間関係が良好になり、幸せな人生を送れる条件ができると思います。しかし、仏教で目指すものはそれ以上のものであり、完全な幸せであり、そのためにも正しく「言葉を用いる」ことが必要なのです。 http://www.ge…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラモンは 身体言葉と 心にも 悪をなくして 自制するなり(391)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 身体で悪いことをしなかったか? 口で悪いことを言わなかったか? 頭で悪いことを考えなかったか? と反省すれば完全です。 ○パーリ語原文と訳語 ヤッサ   カーイェーナ  ワーチャーヤ Yassa    kāyena     vācāya, そ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

見る時も 聞くその時も 香りにも 味あう時も 心の防護(360)及び(361)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 善いものを見て、悪いものは見ないように。 善いものを聞いて、悪いものは聞かないように。 強い香りの香水や臭いものは避けなさい。 甘すぎや辛すぎは身体に悪い。 善いことを考えて、悪いことは考えないように。 ・・・ 殺したり、盗んではいけません。 うそはつかないように。 悪口や乱暴な言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まず言葉 心と体 三行為 清めるならば 道は完成 (281)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ わたしもの、 わたしものというと、 けんかになるよ。 ゆずりあって、 なかよく遊ぼう。 ○パーリ語原文と訳語 ワーチャーヌラッキー  マナサー  スサンヴトー Vācānurakkhī      manasā   susă…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

賢者たち 身と語と意とを 制御して 彼らは実に よく制御する(234)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 賢い子どもは 良い行いをし 良い言葉で話し 良いことを考えます ○パーリ語原文と訳語 カーイェーナ  サンウター    ディーラー Kāyena     saṃvutā…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more