テーマ:初転法輪経

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第21章 如来 6偈

6 われはベナレスに行くであろう。われは不死の太鼓を打つであろう。世間においてまだ回転されたことのない、法輪を、われは回転するであろう。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント ベナレスはヴァーラーナシーのこと、ガンジス川沿いにあるインドの聖地、近郊に釈尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第12章 道 16偈

16 昔にはまだ聞いたことのない法輪を転じたもうた人、生きとし生けるものを慈しみたもうた人、迷いの生存の彼岸に達したもうた人、神々と人間とのうちで最上である人、___そのようなかたにつねに敬礼すべし。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 法輪を転じるとは、説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝利者が 法輪回した 声聞き 出かけて行って 境地尋ねた<698>

○少年少女のためのスッタニパータ<698> ・・・ 大人になっていたナーラカは ブッダが説法を始めたという声を聞き、 叔父のアシタ仙人は正しかったと思いました。 早速、彼はブッダの所に出かけ ブッダとはどのような人か尋ねました。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 20. ○中村元先生訳 698 <すぐれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more