テーマ:供養

供養するに値する人

ワン爺の独り言(2017年9月30日) 困っている人を援助することは人としてあるべき行為でありますが、供養されるべき人という方は、外から見れば困っているように見えても本人は困っているわけではないと私は思っています。しかし、衆生からみて困っているように見えれば供養すべきですし、そうでもなくても尊敬と感謝の意味で供養すべきだと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

供養と功徳

ワン爺の独り言(2017.4.30.) 諸仏を供養するということは、諸仏の願いに応えることだと思います。諸仏の願いに少しでも応えることができたら、功徳を積んだと言えるのだと思います。SRKWブッダの供養と功徳に関する理法は次の通りです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou099.htm…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

怒り消え 心は澄んで 無欲だが いきいきした 聖者がおられる<483>及び<484><485>

○少年少女のためのスッタニパータ<483~485> ・・・ 怒ることなく、欲はない、 生き生きした聖者が 街にやってきた。 彼らのためにお布施をしよう なんだか楽しくなってきた。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)29~31 ○中村元先生訳 483 「争いを離れ、 心に濁り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

祭祀では どなたに供養 なすべきか あなたの教え 知りたいのです<482>

○少年少女のためのスッタニパータ42. ・・・ 困ったときには 自分でもよく考えるべきですが、 よく分かった人に アドバイスを求めることも必要です。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)28. ○中村元先生訳 482 「先生! わたくしのような者の施しを受け得る人、 祭祀の時に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 80偈と81偈の間の語り

○中村元先生訳 そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、大きな青銅の鉢に乳粥を盛って、師(ブッダ)にささげた。──「ゴータマさまは乳粥をめしあがれ。あなたは耕作者です。ゴータマさまは甘露の果実をもたらす耕作をなさるのですかから。」 ○正田大観先生訳 そこで、まさに、耕作者バーラドヴァージャ婆羅門は、大きな銅の鉢に粥…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)及び(196)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

火の神へ 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る(107)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー チャ  ワッササタン  ジャントゥ Yo   ca   vassasataṃ   jantu, 彼が  又  百年間     人が アッギン  パリチャレー  ワネー aggiṃ     paricare    …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

千金を 百年供養 するよりも 克己の人への 一回が優る(106)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マーセー  マーセー  サハッセーナ Māse     māse     sahassena, 月に     月に    千(回、金) ヨー  ヤジェータ   サタン  サマン yo    yajetha     sat…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more