テーマ:

この人生で 重荷下ろして 束縛を 解放した人 彼はバラモン<626>

○少年少女のためのスッタニパータ<626> ・・・ いらないものを かかえ込み、 重い重いと言う人は どこかがおかしい。 捨てればいいのに。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 33. ○中村元先生訳 626 すでにこの世において 自己の苦しみの滅びたことを知り、 重荷をおろし、とらわれのない人、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子も父も 死神からは 守れない 親類縁者も 守れないのだ(288)及び(289)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お父さんもお母さんも,、 死んだ子供は救えない。 この事実を知って、 いつ死んでもいいように、 心をきれいにしておきましょう。 ○パーリ語原文と訳語 ナ  サンティ   プッター  ターナーヤ Na   santi    puttā    tāM…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一切の 現象が苦と 知るならば 苦から離れて 心清らか(278)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 子供でも生きることは 楽しいことばかりだと 思わないように 苦しいことも多いよ ○パーリ語原文と訳語 サッベー  サンカーラー ドゥッカーティ Sabbe    saṅkhārā   dukkhāti, 一切の   現象は   …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

旅を終え 憂いを離れた 阿羅漢に 悩み苦しみは 存在しない(90)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ガタッディノー  ウィソーカッサ Gataddhino    visokassa, 旅を終え     憂いのない ウィッパムッタサ  サッバディ vippamuttassa    sabbadhi; 解脱した       一切処で サ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一切の現象が苦と知るならば苦から離れて心清らか

ダンマパダ 278 すべての現象は苦だと 智慧によって見る時 苦を厭い離れる これは清浄への道である ○この詩から学ぶこと  この詩を理解する助けになるお経「五蘊は苦なり」(増谷文雄著「阿含経典による仏教の根本聖典」P89 南伝 相応部経典22、13)がありましたので以下に引用させて頂きます。  かよう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more