テーマ:修行法

固定的な修行法など何一つ存在していない

ゴータマ・ブッダはダンマパダ271偈、272偈で次のように説かれております。 「わたしは、出離の楽しみを得た。それは凡夫の味わい得ないものである。それは、戒律や誓いだけによっても、また博学によっても、また瞑想を体現しても、またひとり離れて臥すことによっても、得られないものである。修行僧よ。汚れが消え失せない限りは、油断するな。 」…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【遍歴修行】(6)

(以下引用) 【遍歴修行】(6)  修行には、終わりがある。先の譬えで言えば、周到に東京に到着した人は旅の終わりをはっきりと知るであろう。東京では、見るもの聞くものすべてが田舎のそれとはまるで違っているからである。その一方で、富士山の山頂に立った人は、旅の終わりを知るどころかこれからどうしようかと途方に暮れているだろう。ある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仏教に勤しむ

ワン爺の独り言(2017年12月4日) 仏教に勤しむことに関して、何をどうすることか決まりはありません。各自がそれを見つけて励むことです。その際、それが仏教を勤しんでいるのかどうか判断する基準があります。それは静けさが増すかどうかです。静けさが増したならば、その人は仏教に勤しんでいるのです。 http://www.geocities…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SRKWブッダが説く「修行」について(再掲載)

ワン爺の独り言(2017.5.9.) 「SRKWブッダが説く「修行」について」は、既に2017年2月11日に掲載いたしましたが、重要な内容なので再度掲載いたします。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou106.htm (以下引用) 【修行】 世間には、これこそ人をや…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

SRKWブッダの説く「修行」の続き(いかなる修行によって...)

ワン爺の独り言(2017.2.12.) 「修行」の説明の「続き」は、『人は、いかなる修行によって覚りに至るのであるか?』という問いに答えると言う形で述べられています。九つの答えがありますので、よく吟味して読んで下さい。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou106_sub.htm (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼たちが 生老超えて ないならば 誰が超えたか 教えて下さい<1081>

○少年少女のためのスッタニパータ<1081> ・・・ 慈しみの心は方法によって 育てられるものではありません。 その人の心しだいなのです。 第5 彼岸に到る道の章 8.ナンダ経(ナンダ学生の問い)5. ○中村元先生訳 1081 ナンダさんがいった、 「およそこれらの<道の人>・バラモンたちは、 見解によ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜならば それに乗っても 涅槃には いけないけれど 自制で行ける(323)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 涅槃はどこにあるの? 新幹線でも飛行機でも行けないところ。 こころの汚れを落として、 智慧ができれば行けるところです。 ○パーリ語原文と訳語 ナ   ヒ     エーテーヒ   ヤーネーヒ Na   hi      etehi      yānehi, ない な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more