テーマ:徳行

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 7偈~10偈

7 在る人が、たとい博学であっても、徳行に専念していないならば、世の人々はかれを徳行の点で非難する。その人は学問は完全に身に具わっているのではない。 8 在る人が、たとい学問は僅かであっても、徳行に専念しているならば、世の人々は、徳行についてのかれを称賛する。その人は学問は完全に身に具わっているのである。 9 もしも在る人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第19章 馬 1偈

1 良い馬が鞭をあてられると、勢いよく熱気をこめて走るように、勢いよく努め励め。信仰あり、また徳行をそなえ、精神を安定統一して、真理を確かに知って、感官を制御し、忍耐の力をそなえた人は、迷いの生存をすべて残りなく捨て去る。 (ダンマパダ144 鞭をあてられた良い馬のように勢いよく努め励めよ。信仰により、戒しめにより、はげみにより、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 1偈

1 信じる心あり、恥を知り、戒しめをたもち、また財をわかち与える___これらの徳行は、尊い人々のほめたたえることがらである。「この道は崇高なものである」とかれらは説く。これによって、この人は天の神々の世界におもむく。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳行の本体

ワン爺の独り言(2018年4月22日) 「この世には、4つの徳行がある。それは、堪え忍ぶこと、誠実であること、慳みしないこと、自制することである。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana102.htm (以下引用) 【徳行の本体】R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳行

ワン爺の独り言(2018年2月1日) 「ある人が善い行ないを為しても、もしもかれの心が何かに縛られていたり、けしかけられていたり、こだわっているとするならば、それではそれは徳行とは言えない。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana021.htm …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

行および為すべきこと

ワン爺の独り言(2017年9月12日) 「徳行に篤い人は、解脱以前においても安楽を得る。そして、それは解脱の因ともなり得るものである。」これはSRKWブッダの言葉です。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou217.htm (以下引用) 【行および為すべきこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

<精励>とは、平等、信、徳行においてつとめ励むことを言う

ワン爺の独り言(2017.2.15.) 「精励」という言葉がありますが、その意味について深く考えたことはありませんでした。しかし人生において重要な言葉の意味は深く考えてみる必要があります。そこから次々に真理につながる言葉が現れます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou024.htm …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more