テーマ:涅槃

耕作で 得られた果実は 甘露なり 念と精進 結果は涅槃<再80>

○ワン爺さんの独り言<80> ・・・ 畑を耕し種まけば 果実を収穫できますが、 慈悲喜捨の心を育てれば、 解脱して涅槃が収穫できます。 80.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 5. ○毎田周一先生訳 この耕作はこのように耕作され それはまことに甘美な実を結び この耕作を耕作することによって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

このことを よく了知して 気づきある 人は安らいで 執著がない<1087>

○少年少女のためのスッタニパータ<1087> ・・・ 好きなものでも、好きなことでも 危ないと解ったら、さっさと止めること。 そうすれば安心、安全です。 第5 彼岸に到る道の章 9.ヘーマカ経(ヘーマカ学生の問い)7. ○中村元先生訳 1087 このことをよく知って、よく気をつけ、 現世において全く煩いを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感覚で 甘味なものと 感じても 我が苦しみの 元凶と知れ<1086>

○少年少女のためのスッタニパータ<1086> ・・・ 見たり、聞いたりしたときに、 素晴らしいと思っても、 これが私を苦しめるのだと 知るべきですよ。 第5 彼岸に到る道の章 9.ヘーマカ経(ヘーマカ学生の問い)3. ○中村元先生訳 1086 (ブッダが答えた)、 「ヘーマカよ。この世において見たり聞い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドータカよ 自分で真理 知るならば この激流を 渡るであろう<1064>

○少年少女のためのスッタニパータ<1064> ・・・ 疑いのある者は 不思議なことですが、 いつも自分の望まない 選択をすることになります。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)4. ○中村元先生訳 1064 「ドータカよ。わたしは世間におけるいかなる疑惑者をも 解脱させ得ないで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

世尊様 あなたの言葉を 頂きたい 自己の涅槃は いかなるものか<1061>

○少年少女のためのスッタニパータ<1061> ・・・ ニルヴァーナ(安らぎ)とは、 いかなるものなのでしょうか? 安らぎを学びつつあることでしょうか? お釈迦さまのお話を聞きたいのです。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1061 ドーカンさんがたずねた、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

修行者は どのようにして 寂静に 到るのですか 日の眷属よ<915>

○少年少女のためのスッタニパータ<915> ・・・ お釈迦さま。 どのように修行したら、 涅槃に到るのですか? 教えて下さい。 第4 八つの詩句の章 14.迅速経 1. ○毎田周一先生訳 915. 「私は『太陽の親族』であられる偉大な聖者に 独立への道と 静けさの境地とをお尋ねします 修行者は どのよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

私には これだと説くことは ありません 執着排して 寂静を見た<837>

○少年少女のためのスッタニパータ<837> ・・・ このようにしなさいではなく、 このようにしないようにと ブッダは教えています。 この違いを知って下さい。 第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 3. ○毎田周一先生訳 837. 「『私はこのように説く』ということが抑々私にはないのである      …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

安らぎに 達するための ブッダの言葉 言葉の中で 最高のもの<454>

○少年少女のためのスッタニパータ454. ・・・ 智慧と慈しみを 教えてくれる ブッダの言葉は最高 スッタニパータ454. 第3 大きな章 3.善言経 25.5. ○中村元先生訳 454 安らぎに達するために、 苦しみを終減させるために、 仏の説きたもうおだやかなことばは、 実に諸々のことばのうちで最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弟子達は 気づき絶やさず 実践し 涅槃の境地に おもむくだろう<445>

○少年少女のためのスッタニパータ445. ・・・ ブッダの教えを喜ぶ 弟子達は 気づきを絶やさず、 八正道を実践します。 スッタニパータ445.第3 大きな章 2.精勤経 21. ○中村元先生訳 445 かれらは、無欲となったわたくしの教えを実行しつつ、 怠ることなく、専心している。 そこに行けば憂え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お釈迦様 すぐれたものを よく知って 与え示した 幸せであれ<234>

○少年少女のためのスッタニパータ234. ・・・ ワロー・ワランニュー・ワラドー・ワラーハロー、 アヌッタロー・ダンマワラン・アデーサイー。 イダンピ・ブッデー・ラタナン・パニータン、 エーテーナ・サッチェーナ・スワッティ・ホートゥ。 234.第2 小さな章 1.宝経 13. ○日本テーラワーダ協会訳 13…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

耕作で 得られた果実は 甘露なり 念と精進 結果は涅槃<80>

○少年少女のためのスッタニパータ80 ・・・ 努力の結果は喜びです。 怠けの結果は苦しみです。 それを知って 務め励むこと。 80.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 5. ○毎田周一先生訳 この耕作はこのやうに耕作され それはまことに甘美な実を結び この耕作を耕作することによつて すべての苦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最高の 目的目指し 精進し ひるむことなく 一人で歩く<68>

○少年少女のためのスッタニパータ68 ・・・ 人間の生きる目的変化する。 始めは上手に動けるように、 次は豊かに感じられるように、 そして正しく考えられるように、 最後は心を清らかにするように。 68.第1 蛇の章 3.犀の角経 34 ○毎田周一先生訳 第一の真理に到らうとして怠ることなく 濶(ヒロ)やか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わたしども 世尊のもとで 修行して 涅槃に至り 苦を滅します<32>

○少年少女のためのスッタニパータ32 ・・・ 生きる道 分かったからには ブッダの教えに従って 八正道を実践しよう 32.第2 蛇の章 2.ダニア経 15 ○毎田周一先生訳 私の妻も私も忠実にお教へ従ひます 「善く逝ける」あなたの許で清らかな修行をつみ 生と死の彼岸に渡り 苦しみのはてを超えてまゐります…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

比丘たちは 慈悲の心で 生活し 心の静まる 涅槃に至る(368)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 坊さんたちは、 「生きとし生けるものは 幸せでありますように」となえて、 慈悲の心で生活し おだやかな人間になるように、 修行します。 ○パーリ語原文と訳語 メッタヴィハーリー  ヨー   ビック Mettāvihārī      yo  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

なぜならば それに乗っても 涅槃には いけないけれど 自制で行ける(323)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 涅槃はどこにあるの? 新幹線でも飛行機でも行けないところ。 こころの汚れを落として、 智慧ができれば行けるところです。 ○パーリ語原文と訳語 ナ   ヒ     エーテーヒ   ヤーネーヒ Na   hi      etehi      yānehi, ない な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一切の 法は無我だと 知るならば 苦から離れて 清らかになる(279)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ あなたには身体と心がありますが、 身体も変わるし、心も変わる。 変わらないものはありません。 ですから昨日のあなたと 今日のあなたは違います。 ○パーリ語原文と訳語 サッベー  ダンマー  アナッター  ティ Sabbe    dhammā   anatt&#2…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

怒らない 忍耐これが 修行です 涅槃は最高 とブッダは言った(184)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================== 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この世界 ブッダの境地に 達しない 無辺の境地に 誰が行けるか(179)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ どんな人が偉大な人だと思いますか? 強い人ですか お金持ちですか 智慧のある人ですか ○パーリ語原文と訳語 ヤッサ ジタン  ナーワジーヤティ Yassa  jitaṃ   nā…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

百年も 真理知らずに 生きるより 真理知って 一日生きよ(115)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー  チャ  ワッササタン  ジーウェー Yo    ca   vassasataṃ   jīve, 彼が   又   百年間     生きるとして アパッサン  ダンマムッタマン apassaṃ    dh…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

百年も 涅槃知らずに 生きるより 涅槃知って 一日生きよ(114)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー  チャ   ワッササタン   ジーウェー Yo    ca     vassasataṃ    jīve, 彼が  又   百年間      生きるとしても アパッサン   アマタン      パダン ap…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

釈尊の 説かれた真理 守るなら 乗り越え渡たる 煩悩の河(86)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 イェー  チャ   コー   サンマダッカーテー Ye     ca    kho    sammadakkhāte, この   しかし  実に   正しく説かれた ダンメー    ダンマーヌワッティノー dh…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

煩悩の 大河を渡る 人わずか 多くはこちらで 悩み苦しむ(85)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アッパカー  テー   マヌッセース Appakā    te     manussesu, 少ない    彼らは  人々において イェー ジャナー  パーラガーミノー ye    janā    pārag&#…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

不放逸を 楽しむ比丘は 放逸恐れ 道を外れず 涅槃に近い(32)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アッパマーダラトー   ビック Appamādarato     bhikkhu, 不放逸を楽しみ     比丘は パマーデー  バヤダッスィ  ワー pamāde    bhayadassi   vā; 放逸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

放逸に 耽るな、欲楽に 親しむな 不放逸な者は 安楽を得る(27)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マー   パマーダマヌユンジェータ Mā    pamādamanuyuñjetha, な       放逸にふける マー   カーマラティサンタワン mā    kāmaratisan…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

瞑想し 常に努力し 最上の 安穏無碍なる 涅槃に触れる(23)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 テー   ジャーイノー  サータティカー Te     jhāyino      sātatikā, 彼らは  瞑想して    堅忍し ニッチャン  ダルハパラッカマー niccaṃ  …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

気づくこと これさえあれば 解脱する 気づきなければ 死んでるようだ(21)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アッパマード  アマタパダン Appamādo    amatapadaṃ, 不放逸は    不死の道 パマード  マッチュノー パダン pamādo   maccuno   padaṃ; 放逸は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

85.86.彼岸にいたる人々は人間のうちにわずかなり

ダンマパダ 第6章 賢者の章 85、86 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 彼岸にいたる人々は 人間のうちにわずかなり またその他の人々は 此の岸のみを行き来する 正しい説かれた法に従い 法を実践する人々は 彼岸に到達するであろう 死の領域は超えがたい (片山一良先生 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

32.不放逸を楽しむ人は涅槃の近くにいる

ダンマパダ 第2章 不放逸 32 不放逸を楽しみ 放逸を危険だと見る比丘は 後退することはなく すでに涅槃の近くにいる 〇超訳の試み 気づいていることを楽しみ 気づいてないことは危険だと知る人は 煩悩が一つずつ消えていくので 全ての苦しみから解放される 〇子供のためのダンマパダ 自分の心…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

バラモンは智慧ある賢者 道非道よく熟知して涅槃に達する(403)

ダンマパダ 第26章 バラモン 403 深遠な智慧ある賢者 道と非道を熟知し 最勝義に到達した人 彼を私はバラモンと呼ぶ 〇この詩の蛇足  前回の「この詩から学ぶこと」で書いた「最勝義」(Uttamattha)の意味を少し間違えたようです。 「最勝義」を「勝義諦」として解説しました。しかし、そう取らずに、最勝義…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more