テーマ:心解脱

kassii 長老の心解脱と公案

昨日予告しましたように、今日は kassii 長老について、その心解脱の経緯を「覚りの境地(2019改訂版)」(p187~p189)から引用して、紹介します。 (以下引用) kassii(ハンドルネーム) は、心解脱(初期)を果たして長老となった。かれは、私の弟 子の一人であるが、私が提示したいわゆる公案を通過して心解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石法如来の特別寄稿 「『解脱知見(げだつちけん)』について(その1)」

2020年12月23日付の、ブログ「法津如来の独り言」においてSRKWブッダ著『仏道の真実++』【解脱知見】(4)を拝読し、法津如来の書かれたコメントに「私が見落としているのかもしれませんが、解脱知見を得た状況はまだ知りませんので、どこかに書いてくれると、修行者の参考になるでしょう。」とありましたので、少し書きたいと存じます。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【観(=止観)】(4)

(以下引用) 【観(=止観)】(4)  続いて、観の完成時に何が起こるのかについて述べたい。  ● 観の完成時——実際にはその刹那の直前——に起こることは、止(シャマタ)である。この止を完全に理解したとき、観が完成する。すなわち、観の本質は実は「止」を理解する道程なのである。そして、何を観じても止が理解できるわけではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心解脱者

ワン爺の独り言(2018年4月18日) 「今日(2011年5月28日)、二番弟子が「一円の公案」を解いた。本人も確認中であるが、おそらく心解脱を果たしていると認められる。実際に、私が提示した公案を縁として心解脱者が出たのは正直嬉しい。」とSRKWブッダは述べられています。 http://www.geocities.jp/srkw_b…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

順逆の念

ワン爺の独り言(2018年2月20日) 「順逆の念が、人の心を疲弊させる。順逆の念が、人をけしかけ労苦へと駆り立てるものである。順逆の念が、人の平らかなる歩みを乱す因である。」とはSRKWブッダの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana040.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

覚りは一瞬に起こる

ワン爺の独り言(2018年1月2日) この情欲を超えて「その表象」を生じたとき、それ以後はつねにそれが出来るようになる。それで一定の境涯に達したと認められるのである。この意味は難しいのですが、この時、SRKWブッダは心解脱の完成と言われています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou32…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極悪

ワン爺の独り言(2017年12月13日) 今回のSRKWブッダの理法はなかなか難しいです。この極悪の意味が本当に理解できれば心解脱ということになるようなので、やむを得ないことなのでしょう。しかし、繰り返し学べば次第次第にわかるようになる気がします。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou3…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

愛し好むものと執著

ワン爺の独り言(2017年11月20日) このSRKWブッダの理法で衆生と聖者と仏の違いがよく分かります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou282.htm (以下引用) 【愛し好むものと執著】 愛し好むものに執著を起こすのが、衆生である。 愛し好むもの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

我が身にひき比べて

ワン爺の独り言(2017年11月18日) 観(=止観)の目的は人と世の真実の真相を知ることでありますので、相手を観察することが必要です。またそのためには「我が身にひき比べて」ということも必要なのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou279.htm (以下引用) 【我…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欲望と 執著超えると 解脱する 悲しみはなく 心配もない<948>

○少年少女のためのスッタニパータ<948> ・・・ 人間には欲望や執着があるから、 悲しみや心配がある。 欲望や執着がなくなれば、 悲しみや心配もなくなる。 第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 14. ○毎田周一先生訳 948. この世の色々の欲望と  渡るに難い執著とをこえた人は 流れを絶ち…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

無思想で 慧解脱した人 迷いなし 頑固な人は 右往左往する<847>

○少年少女のためのスッタニパータ<847> ・・・ 頑固な人は周りの人々と対立します。 智慧ある人は対立しません。 頑固な人は智慧がないと言うことです。 第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 13. ○毎田周一先生訳 847. 思想を持たないものは自由を束縛されない 智慧によって自在を得たものには迷い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

苦を知らず 生起を知らず 滅知らず 滅する道を 知らない人々<724>及び<725~727>

○少年少女のためのスッタニパータ<725.~727.> ・・・ 欲ない人になることは 素晴らしい。 さらに智慧ある人になることは もっと素晴らしい。 第3 大きな章 12.二種の観察経 1~4. ○中村元先生訳 724 苦しみを知らず、 また苦しみの生起するもとを知らず、 また苦しみのすべて残りなく滅…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more