テーマ:マーガ経

前中後 正しく供養 行えば 梵天界に 生まれ変われる<509>及び<あとがき>

○少年少女のためのスッタニパータ<509> ・・・ インドのバラモンたちは 梵天の神々に 生まれ変わりたいと 思っていたのですね。 第3 大きな章 5.マーガ経 23.<あとがき> ○中村元先生訳 509 尊き師は答えた、 「マーガよ。三種の条件を具えた完全な祀りを実行するそのような人は、 施与を受け…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どのように したら梵天に なれるのか 輝く人よ 教えて下さい<508>

○少年少女のためのスッタニパータ<508> ・・・ 梵天と同じ心になれば 梵天になる。 慈悲の瞑想すれば 梵天になる。 第3 大きな章 5.マーガ経 22. ○中村元先生訳 508 (マーガがいった)、 「誰が清らかとなり、解脱するのですか? 誰が縛せられるのですか?  何によってひとはみずから梵天界…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貪りと 怒りを払って 怠らず 無量の慈心 世界に満たす<507>

○少年少女のためのスッタニパータ<507> ・・・ 立っている時も、 歩いている時も、 坐っている時も、 横になっている時も、 眠っていない限り、 慈悲の念を保って下さい。 第3 大きな章 5.マーガ経 21. ○中村元先生訳 507 かれは貪欲を離れ、憎悪を制し、 無量の慈しみの心を起して、 日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マーガさん 心浄めて 供養せよ 供養は施主の 専心事項<506>

○少年少女のためのスッタニパータ<506> ・・・ お布施の前も、 お布施をしている時も お布施の後も 喜びの心を持って行うように。 第3 大きな章 5.マーガ経 20. ○中村元先生訳 506 尊き師(ブッダ)は答えた、「マーガよ。祀りを行え。 祀り実行者はあらゆる場合に心を清らしめよ。 祀り実行者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どのように 供養をすれば 成功か 世尊、私に 教えて下さい<505>

○少年少女のためのスッタニパータ<505> ・・・ 誰にお布施をするかも 重要ですが、 どのような気持ちで 行うかも重要です。 第3 大きな章 5.マーガ経 19. ○中村元先生訳 505 マーガ青年が(さらにつづけて)いった、 「この世で施しの求めに応ずる在家の施主、 福徳をもとめ福徳をめざして供物…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

質問は 無駄ではなかった 釈尊は あるべき人を 教えてくれた<504>

○少年少女のためのスッタニパータ<504> ・・・ あるべき人とはどんな人だろう。 価値ある人とも言えるが、 価値ある人という表現は正しくない。 価値のない人間なんかいないのだから。 第3 大きな章 5.マーガ経 18. ○中村元先生訳 504 (マーガがいった)、 「実にわたくしの質問はむだではありま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

知に至り 定を楽しむ 覚者を 時に応じて 供養しなさい<503>

○少年少女のためのスッタニパータ<503> ・・・ 理想と現実があります。 しかし、現実を踏まえながら、 理想をいかに実現するかが大切です。 あきらめてはいけません。 あきらめなければ智慧が生まれます。 第3 大きな章 5.マーガ経 17. ○中村元先生訳 503 ヴェーダに通じ、安らいだ心を楽しみ、落…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

自燈明 無一物なる 解脱者を 時に応じて 供養しなさい<501>及び<502>

○少年少女のためのスッタニパータ<501.502.> ・・・ 自分というものは 自分を知ろうと思ったと途端に 自分ではなくなる。 自分は対象ではないからだ。 第3 大きな章 5.マーガ経 15.16. ○中村元先生訳 501 自己を洲(よりどころ)として世間を歩み、 無一物で、あらゆることに関して解脱し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生存の 要素捨て去った 解脱者を 時に応じて 供養しなさい<499>及び<500>

○少年少女のためのスッタニパータ<499.500.> ・・・ 欲はなく、怒ることもない そのような人がいたのならば その人のマネをしたらよい。 君は賢くなれるよ。 第3 大きな章 5.マーガ経 13.14. ○中村元先生訳 499 安らぎに帰して、貪欲を離れ、怒ることなく、 この世で(生存の諸要素を)捨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梭(ヒ)のように 真直に行く 人々を 時に応じて 供養しなさい<497>及び<498>

○少年少女のためのスッタニパータ<497.498.> ・・・ 真直ぐな人とは どんな人でしょうか? 素直な人 公正な人 正直な人でしょう。 第3 大きな章 5.マーガ経 11.12. ○中村元先生訳 497 諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、 よくみずから制して、梭のように真直ぐな人々がいる。 ─…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

煩悩の 激流渡った 無我者に 時に応じて 供養しなさい<495>及び<496>

○少年少女のためのスッタニパータ<495.496.> ・・・ 渇愛と自我は 二子の兄弟だと 知っていましたか? 親は感覚です。 第3 大きな章 5.マーガ経 9.10. ○中村元先生訳 495 実に諸々の愛執に耽らず、すでに激流をわたりおわって、 わがものという執著なしに歩む人々がいる。 ──そのよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

貪瞋痴 捨てた梵行の 達成者を 時に応じて 供養しなさい<493>及び<494>

○少年少女のためのスッタニパータ<493.494.> ・・・ 欲と怒りと迷いを 三毒と言います。 心と身体にとって 毒のようなものだからです。 第3 大きな章 5.マーガ経 7.8. ○中村元先生訳 493 貪欲と嫌悪と迷妄とを捨てて、 煩悩の汚れを減しつくし、清らかな行いを修めている人々がいる。 ─…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一切の 結縛断った 解脱者を 時に応じて 供養しなさい<491>及び<492>

○少年少女のためのスッタニパータ<491.492.> ・・・ 生命は見えない ロープで縛られています。 欲のロープ、怒りのロープ、 無智のロープなど、 10本あると言われています。 第3 大きな章 5.マーガ経 5.6. ○中村元先生訳 491 一切の結び・縛めを断ち、 みずから慎しみ、解脱し、苦しみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無執着 何も持たない 自制者を 時に応じて 供養しなさい<490>

○少年少女のためのスッタニパータ<490> ・・・ 何も持たずに生まれて来て、 何も持たずに死ねるから、 何も持たなくても大丈夫。 第3 大きな章 5.マーガ経 4. ○中村元先生訳 490 実に執著することなく世間を歩み、 無一物で、自己を制した<全き人>がいる。 ──そのような人々にこそ適当な時に供…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

施しに 相応しい方とは どんな方? マーガ学徒は ブッダに尋ねた<489>

○少年少女のためのスッタニパータ<489> ・・・ 物をあげたくなる人は どんな人だろう。 好きな人、尊敬できる人、 お世話になっている人などだろう。 第3 大きな章 5.マーガ経 3. ○中村元先生訳 489 マーガ青年はいった、 「施しの求めに応ずる在家の施主、 福徳をもとめ福徳をめざして供物をさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

釈尊は マーガに答えた 施しに ふさわしい方に 布施すればよい488>

○少年少女のためのスッタニパータ<488> ・・・ 雑草がなく、よく耕された畑に 種をまけば作物はよく実る そのように心の汚れを取り除き、 心を育てた人に、お布施をすれば、 大きな功徳がありますよ。 第3 大きな章 5.マーガ経 2. ○中村元先生訳 488 尊い師は答えた、 「マーガよ。施しの求めに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マーガ学徒 ブッダに尋ねた 何者に お布施をすれば 功徳があるか<487>

○少年少女のためのスッタニパータ<487> ・・・ 布施という友達もいました。 福田という友達がいました。 仏教を勉強して、 その意味が分かりました。 彼らの顔を思い出します。 第3 大きな章 5.マーガ経 1. ○中村元先生訳 487 マーガ青年がいった、 「袈裟を着け家なくして歩む寛仁なるゴータマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

施主として 多くの人に 布施すれば 与える人に 多福が生じる<マーガ経の序>

○少年少女のためのスッタニパータ<マーガ経の序> ・・・ 昔、お釈迦様が王舎城の<鷲の峰>におられた時に、 マーガという学徒がやって来ました。 そして、布施について質問しました。 第3 大きな章 5.マーガ経 マーガ経の序 ○中村元先生訳 <マーガ経の序>  わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more