テーマ:功徳を積むこと

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(7)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(7)  ● 功徳は、功徳を呼ぶ。この意味において、修行者は小さな功徳を軽んじるべきではない。実際には、功徳を積むことによって他の人を覚り(安らぎ)に近づけることになるであろう。そして、そのことによって自分の安らぎがいや増し、巡り巡ってさらなる功徳が積まれたことになるわけである。 (…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(6)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(6)  ● 功徳は、これで功徳が積まれるだろうなどと意識して積むものではない。しかしながら、仏道を歩む修行者は功徳を積むことそれ自体は意識すべきである。これは、功徳ということを知らずに無邪気に功徳が積まれるものではないという意味である。例えば、勉強は意識して行わなければ身につかない。つまり、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(5)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(5)  ● 功徳は、想念の帰趨ではない。功徳を積もうとして何を想い、何を念じても、それによって功徳が積まれることはないということである。つまり、功徳はこころに積むものであるが、それは想念によるものではないという意味である。逆に言えば、想念によって功徳が損なわれることもないということでもある。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(4)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(4)  ● 功徳は、行為の帰趨ではない。要するに、功徳は気持ちの問題であるということであり、功徳はこころに積むものであると知られるということである。このため、行為の多寡とは無関係に功徳は積まれる。ある場合には、何一つ行為せずに功徳が積まれる。つまり、やさしい行為が功徳になるわけではなく、やさ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(3)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(3)  ● 個人の性格傾向と功徳とは関係がない。すなわち、どんな性格の人でも等しく功徳を積むことができる。これは、そもそも解脱がこの名称と形態(nama-rupa)の脱落・終滅という根本の現象であるためである。性格傾向は、このうちの名称(nama)作用に関わることがらであり、どのような性格傾…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(2)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(2)  ● 功徳を積んでいるときにそのことが意識されることはないが、実際に覚ったときにそれまで充分に功徳を積んだことが覚知される。これは、解脱知見の一つである。たとえば、睡眠中にはしっかりと眠っているなどというような意識はないが、翌朝気持ちよく目覚めたときにぐっすりと眠ったことを知るようなも…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(1)

(以下引用) 【功徳を積むこと】(1)  前の章で述べたとおり、功徳を積むことが仏道修行の主要部分である。  「自己の本性(ほんせい)に功徳があるのだ。見性が功であり、素直さが徳である。」(六祖壇経)引用:世界の名著〈18〉禅語録(1978年)(中公バックス)柳田聖山(訳) ISBNー13:9784124006285 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more