テーマ:智慧の解脱

石法如来の特別寄稿 「『智慧の解脱(慧解脱)』について(その3)」

(「無明の滅」) 昨年(2019年)4月6日早朝、私は、「過去に聞いた法の句を思い出し苦に喘ぐ衆生を観(み)」ながら、意識の深部に向け四諦の法が降り注ぐように突き抜けて行く感覚を得て「覚り=解脱」に達しました。   「覚り=解脱」の瞬間とは非常に微妙なものであり、覚者にはそれぞれ微妙な違いが見られます。 私の場合は法の句を機縁と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石法如来の特別寄稿 「『智慧の解脱(慧解脱)』について(その2)」

(その1からつづく) 形態の解脱(身解脱)まで成し遂げていながら、暗中模索とはおかしな表現であると思われる方もおられるかも知れませんが、達成すべき道はたしかにその延長線上に存在するとはいえ未知の世界であることに間違いはなく、「そこで、もう一歩踏み出す覚悟と決心」を求められたという訳です。   その、半ば安易な気持ちに決定的な変化と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石法如来の特別寄稿 「『智慧の解脱(慧解脱)』について(その1)」

法津如来のブログ、「法津如来の独り言」の因縁により「「解脱知見(げだつちけん)」について」(その1~3)まで書くことになりました。 書いたあとで、そこまで書いたのだから「智慧の解脱(慧解脱)」のことも書かなければ「やさしさに欠けるのでは?」と考えました。 そこで、過去の文章と記憶をたどりながら少し書いてみたいと存じます。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more