テーマ:端正な人

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 9偈、10偈

9 諸の欠点を断ち、ターラ樹葉の尖(さき)のように根絶やしになり、憎しみをのぞき、聡明である人、___かれこそ「端正な人」とよばれる。 (ダンマパダ263 これを断ち、根絶やしにし、憎しみをのぞき、聡明である人、___かれこそ「端正な人」とよばれる。) 10 欺いて、吝嗇(けち)で、偽る人は、ただ名前とかたちだけでも、美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 7偈

7 信仰と戒しめとをたもち、生けるものを傷つけず、つつしみあり、みずからととのえている人は、汚れを去った賢者であり、「端正な人」と呼ばれる。 (ダンマパダ261 誠あり、徳あり、慈しみがあって、傷(そこな)わず、つつしみあり、みずからととのえ、汚れを除き、気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる。) (中村元訳「ブッダの真理の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の善なるものの出現

ワン爺の独り言(2017年8月11日) 「真の善なるもの」とは、仏の智慧だろうと思います。それが人の口から発せられるとSRKWブッダは述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou188.htm (以下引用) 【真の善なるものの出現】
…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こころの目に照らして恥じることのない行為を為す「端正な人」であれ

ワン爺の独り言(2017.6.20.) 「端正な人」の正しい意味について、SRKWブッダは次のように述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou144.htm (以下引用) 【端正な人】 人が欲にかられ、種々の思惑を生じてあれこれと奔走し、自分ならざる何…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

能弁で美しくとも狡猾な人は端正人と我は言わない(262)

ダンマパダ 262、263 弁舌爽やか、 容姿端麗でも 嫉妬深く、吝嗇、狡猾の人は 端正な人ではない(262) しかし、このような煩悩を 断絶し、根絶し、除去した 怒りを吐き出した彼は智慧者であり 端正な人と言われる(263) ○この詩から学ぶこと  今回の詩も、前回の詩と同様に、外見で人間を判…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more