テーマ:

戦場で弓で打たれた象のよう誹謗する人私は耐える(320)

ダンマパダ 第23章 象 320 私は象が戦場で 弓から放たれた矢を耐えるように 誹謗を耐え忍ぼう 多くの人々は不道徳だから ○この詩から学ぶこと  「なさぬ堪忍するが堪忍」という諺があります。我慢できない我慢をするのが我慢(堪忍、忍耐)だという意味です。ダンマパダの184番に「忍耐は最高の修行」(カンティ パラ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

気付きを楽しみ心を守れ 執着捨てて解脱せよ

ダンマパダ 327 気付いていることを楽しみ 自分の心を守れ 難所から自分を引き上げよ 泥沼に沈んだ象のように ○この詩から学ぶこと  今回はこの詩の出来た因縁物語から始めます。  若い時は大変強い象がいました。しかし、年をとって弱くなりました。その象が水場に行った時に泥沼にはまって、そこから抜けられなくな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダナパーラという名の白象は食べ物取らず母思う

ダンマパダ 324 ダナパーラという名の象は 激しい破壊力があり制し難い 捕まった象は食べ物を食べずに 象が住む森を心配する ○この詩から学ぶ  この詩はダナパーラという名の象のことを知らなければ意味が分かりません。ダナパーラという象についてはジャータカ物語455 養母象本生物語 (南伝大蔵経 第33巻 337~…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

訓練された象のように 誹謗に耐えるスーパーマン

ダンマパダ 321 訓練された象が戦争に連れて行かれる 王たちは訓練された象に乗る 訓練して、誹謗を耐え忍ぶ人は 人間の中で最高の人である ○この詩から学ぶこと  今日の詩は昨日の続きです。昨日は忍耐の必要性について書かれてありましたが、今回の詩は忍耐力は訓練によって養成することが述べられています。  忍耐…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

誹謗する人道徳ない人 私は象のように耐え忍ぶ

ダンマパダ 320 私は象が戦場で 弓から放たれた矢を耐えるように 誹謗を耐え忍ぶ 多くの人々は不道徳だから ○この詩から学ぶこと  今日のダンマパダ320番から333番までの詩は、第23象の章になります。象は大きく、強いが、優しく、忍耐強い動物です。  古代インドでアーリヤ人は戦争に象を使い始めました。徒…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more