テーマ:悪いことをした報い

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 36偈、37偈

36 悪いことをしたならば、ひとは憂える。ずっと昔にしたことであっても、遠いところでしたことであっても、ひとは憂える。秘密のうちにしたことであっても、ひとは憂える。悪いところ(=地獄など)におもむいて(罪のむくいを受けて)さらに悩む。 37 善いことをしたならば、ひとは喜ぶ。ずっと昔にしたことであっても、遠いところでしたことであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more