テーマ:ハス

自説を 持たない聖者 蓮のよう 欲や世間に 汚れることない<845>

○少年少女のためのスッタニパータ<845> ・・・ 泥沼から生えるハスの花は なぜあんなに美しいのだろうか? 欲や怒りの世間のなかにいて なぜ聖者は清らかなのか? 第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 11. ○毎田周一先生訳 845. 何の捉われもなく この世を堂々と生きてゆく修道者は これが自分…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

衣食住に 執着しない 比丘たちは 蓮が水滴に 濡れないようだ<392>

○少年少女のためのスッタニパータ392. ・・・ ブランド品に こだわらなければ 無駄なバイトは しなくてよいよ。 スッタニパータ392. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 17. ○中村元先生訳 392 それ故に、食物と住所と臥具と 大衣の塵を洗い去るための水、 ──これらのものに対して、修行者は執…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水滴で ハスの葉濡れぬ そのように 欲で汚れぬ 彼はバラモン(401)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 子供のような大人もいます。 我がままで、怒りっぽい。 でも、大人のような子供もいます。 小さい子のせわをして、 欲しいものでも他の子にゆずる。 ○パーリ語原文と訳語 ワーリ  ポッカラパッテーワ Vāri    pokkharapatteva, 水    ハス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ハスの花 手で折るように 自己愛を 切り取り捨てて 涅槃に進め(285)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 私は私が一番大好き。 僕は僕が一番大好き、 君は君が一番大好き、 皆おんなじ心を持っているね。 ○パーリ語原文と訳語 ウッチンダ  スィネーハマッタノー Ucchinda   sinehamattano 破壊せよ   愛執を 自己の クムダン  サーラディカンワー  パ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more