テーマ:知識

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 7偈~10偈

7 在る人が、たとい博学であっても、徳行に専念していないならば、世の人々はかれを徳行の点で非難する。その人は学問は完全に身に具わっているのではない。 8 在る人が、たとい学問は僅かであっても、徳行に専念しているならば、世の人々は、徳行についてのかれを称賛する。その人は学問は完全に身に具わっているのである。 9 もしも在る人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 4偈、5偈

4 この世では人間もまた、つねにそのようなものである。知識はもっているかもしれないが、教えを聞くことが無ければ善悪のことがらを識別することができない。 5 眼のある人は燈火によって種々の色(いろ)かたちを見るように、ひとは教えを聞いて、善悪のことがらを識別する。      (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正しい見解によって

ワン爺の独り言(2018年3月3日) 「いかに望みが高く、願いが深くとも、誤った見解を奉じていては、その人がやすらぎの境地に至ることは遠いこととなる。」とSRKWブッダは説かれます。では正しい見解とは何か? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana051.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暗愚

ワン爺の独り言(2018年2月12日) 今回のSRKWブッダの感興句を読んで、私は暗愚(愚鈍)であるとは学識がないことだと思いました。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana032.htm (以下引用) 【暗愚】

 ことわりを解せず愚鈍で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「理解力」について(定石(セオリー)は覚えて忘れろ!)

ワン爺の独り言(2017.3.8.) 覚りの境地に至る修行において必要な「理解力」と「定石(セオリー)は覚えて忘れろ!」とどのような関係にあるのかSRKWブッダに聞いてみよう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou055.htm (以下引用) 【理解力】 覚りの境地に至るこの一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥水に 汚れぬ蓮花 そのように 聖者は知識 等で汚されぬ<812>

○少年少女のためのスッタニパータ<812> ・・・ 若者は知識、学問、思想など 学ばなければなりません。 しかし、それらに汚されてはいけません。 第3 八つの詩句の章 6.老経 9. ○毎田周一先生訳 812. 蓮の葉の上で水滴が 蓮の葉の上で水が 染まらぬように それと同じく静かな人は 知識にも学問に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

智慧あるか 身語意は 清らかか 煩悩断って 輪廻しないか<162>及び<163>

○少年少女のためのスッタニパータ162.163. ・・・ 知識と智慧の違いは何ですか? 知識は知識を増やすもの。 智慧は知識を減らすもの。 162.163.第1 蛇の章 9.雪山夜叉経 10.11. ○毎田周一先生訳 162(10) 「明らかな智慧に透徹して居られるか                 と雪山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

経典をたくさん学べど行いに念のない人成果はないぞ

ダンマパダ 19、20 たとえ多くの教えを語っても、 実践しないで、放逸な人には 他人の牛を数える牧童のように 修行者の成果はない たとえ少しか教えを語らなくとも 法を法に従って行い 貪欲と怒りと無知を捨てて 正しく知って、よく解脱した心があり この世にもあの世にも執着しない人には 修行者の成果がある …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more