テーマ:愚か者

功徳の機縁

ワン爺の独り言(2018年3月7日) 「愚かな者どもの為す愚かなことさえも、人の覚りの機縁となるものである。知者の為す立派な行為が、人の覚りの機縁となることはなおさらである。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana055.htm (以下引用) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

愚問

ワン爺の独り言(2017年9月6日) はじめは愚問かどうか恐れずに、問いを発した方がよいと思います。なぜならば自分の疑問(興味)がどこにあるかはっきりしてない場合が多いからです。しかし、ある程度問えば、自分の問いが愚問かどうか考察する必要があるでしょう。どのような問いが愚問なのかこの理法から学ぶべます。 http://www.geo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他の人を 愚かな人と 言うことで 自分を認め 他を蔑視する<888>

○少年少女のためのスッタニパータ<888> ・・・ 真理を語る人は 少なくとも、 高慢な人ではなく、 他人を軽蔑しないだろう。 第4 八つの詩句の章 12.小集積経 11. ○毎田周一先生訳 888. 他人を『愚か者』と見るのだから 自分自身を『正しい』というのである つまり自分を正しいと認めるから …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

他の説を 認めぬ者が 愚者ならば すべての論者 愚者となるなり<880>

○少年少女のためのスッタニパータ<880> ・・・ 自己主張する人は 他人の説を認めない。 自己主張するならば 他人の説も認めたらどうだろう。 第4 八つの詩句の章 12.小集積経 3. ○毎田周一先生訳 880. 「もしも他人の説を認めないものが 愚か者で 畜生 低能ということになれば 彼等も亦すべて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嘆くなら 身体はやせて 色失せて 死者は戻らず 得るところなし<585>

○少年少女のためのスッタニパータ<585> ・・・ 愚かな人は 自分が愚かなことをしていることを 知りません。 それが分かれば、 賢い人になれます。 第3 大きな章 8.矢経(葥経:せんきょう)12. ○日本テーラワーダ仏教協会「日常読誦経典」訳 585. 身はやつれ、顔色は悪くなる。 自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

財産は 愚かな人を 害すなり 執着しない 人は害せない(355)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ お金が一番大切と思う子は お金があれば勉強しない。 何をしたらよいかわからない。 お金がないと悲しくなって、 病気になって死んでしまう。 ・・・ 立派な人間になろうとする子は、 お金があってもなくとも、 よく勉強して、 皆のために働いて、 元気で明るく生きる。 ○パー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愚者たちと 共に過ごすは 苦しみだ 賢者とともに 住むのは幸だ(207)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

聖賢と 共に生きれば 幸せだ 愚かな者に 会わないことも(206)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

愚か者 悪をしながら 気付かない 自分の行為で 自分で苦しむ(136)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アタ  パーパーニ  カンマーニ Atha  pāpāni     kammāni, また  悪い     行為を カラン    バーロ   ナ    ブッジャティ karaṃ     bā…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

比丘たちは 利得を捨てて 涅槃取り 尊敬望まず 離れて学べ(75)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アンニャー    ヒ    ラーブーパニサー Aññā        hi    lābhūpanisā, 他の(一つ)は  実に  利得に導く道 アンニャー     ニッバーナガー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

何事も 我に従えと 威張る比丘 慢心増して 心を汚す(74)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マメーワ  カタ     マンニャントゥ Mameva   kata    maññantu, 私 が    為したと  思え ギヒーパッバジター   ウボー gihīpabbajitā   …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

尊敬と 権力願う 比丘たちは 修行を装い 供養を願う(73)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アサンタン  バーワナミッチェッヤ Asantaṃ    bhāvanamiccheyya, 不実の    修行を 求める プレッカーランチャ   ビックス purekkhārañca     bhi…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愚か者 考えるならば 害ばかり 幸運と頭脳を 壊すこととなり(72)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤーワデーワ  アナッターヤ Yāvadeva    anatthāya, ても      利益にならない ニャッタン   バーラッサ   ジャーヤティ ñattaṃ     bālassa…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

悪行為 すぐに結果が でなくとも 悪業として 付いて来るのだ(71)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   ヒ    パーパン  カタン   カンマン Na   hi    pāpaṃ    kataṃ   kammaṃ, ない  実に   悪を     行った  業が     サッジュ   …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

断食の 苦行をしても 価値はない 法を究めた 人たちよりも(70)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マーセー   マーセー  クサッゲーナ Māse      māse     kusaggena, 月に      月に     草に先(ほどの) バーロー  ブンジェッヤ   ボージャナン bālo     …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愚か者 悪の結果が でるまでは 悪い行為を 蜜だと思う(69)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 マドゥワー  マンニャティ  バーロー Madhuvā    maññati     bālo, 蜜ように   思う       愚者は ヤーワ    パーパン  ナ   パッチャティ yā…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

善い人に 笑顔ができる ことになる その行為は 善い行為だよ(68)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 タンチャ     カンマン   カタン    サードゥ Tañca       kammaṃ    kataṃ     sādhu, その しかし  行為が    為された   善い ヤン   カト…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

後悔し 涙を流す ことになる その行為は 善くない行為(67)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ    タン  カンマン   カタン   サードゥ Na    taṃ   kammaṃ   kataṃ    sādhu, ない  その  行為は    為された  善く ヤン   カトゥワー …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愚か者 自分の敵が するように 自分に対して 行うものだ(66)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 チャランティ  バーラー  ドゥンメーダー Caranti     bālā     dummedhā, 行う      愚かな   浅はかな人々は    アミッテーネーワー   アッタナー amitteneva  …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

賢者から 直ちに学ぶ 識者たち スープの味を 味わう舌だ(65)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ムフッタマピ   チェー  ウィンニュー Muhuttamapi   ce     viññū, 一瞬でも     たとえ   識者が パンディタン    パイルパーサティ paṇḍit…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ(64)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤーワジーワンピ  チェー   バーロー Yāvajīvampi      ce      bālo, 命ある限り      たとえ   愚者は パンディタン  パイルパーサティ paṇ&#7…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

愚か者 自分を愚かと 知るならば 彼は悟ったと 言うべきだろう(63)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヨー     バーロー   マンニャティ  バールヤン Yo       bālo      maññati      bālyaṃ, その人は  愚者が     考える      愚ろかと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愚か者 子や財産で 苦悩する 自分も自分の ものではないのに(62)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 プッター  マッティ     ダナンマッティ Puttā    matthi      dhanammatthi, 子が    私の いる    財産 私の ある  イティ   バーロー  ウィハンニャティ iti    …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

修行者は 優れた人と 交際し 愚かな人とは 親交するな(61)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 チャランチェー   ナーディガッチェッヤ Carañce        nādhigaccheyya, 修行者がもし    見つけられないならば セッヤン     サディサマッタノー seyyaṃ      s…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

眠れない 夜は長くて 正法を 知らない愚者の 輪廻は続く(60)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ディガー  ジャーガラトー    ラッティ Dīghā    jāgarato       ratti, 長い    眠らない人には    夜は ディガン  サンタッサ    ヨージャナン dīgha&…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

163.自分のためにならないことと悪いことはすぐできる

ダンマパダ 第12 163 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 自己に無益なことおよび 不善のことは行いやすい しか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

75.一つは利得の道、一つは涅槃に至る道

ダンマパダ 第5章 愚か者 75 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 「確かに利得に資する道と 涅槃にいたる道とは異なる このようにこれを了解し 仏の弟子である比丘は 尊敬されても喜ばず 遠離(おんり)を修習するがよい (片山一良先生 訳) 〇超訳の試み 人生は選択の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

73.74.愚者は虚栄を求めてしまう

ダンマパダ 第5章 73,74 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 愚者は虚栄を求めてしまう 諸比丘においては尊敬を 諸寺においては権力を 他者の家においては供養を 「『私のみのすることだ』と 在家も出家もともに知れ 大小いかなる仕事でも 私のみの意向に従え」 かかる思いが愚者に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

72.愚か者が考えると人殺しまでする

阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ダンマパダ 第5章 愚か者 72 愚者に知識が生じても 無益なものになるばかり それは愚者の頭を砕き 功徳の部分を破壊する (片山一良先生 訳) 〇超訳の試み 馬鹿な考え休みににたり どころではない 馬鹿者が考えると 人殺しまでする …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

71.悪業はすぐに現れなくても愚者に付きまとう

ダンマパダ 第5章 愚か者 71 悪しき業はなされてすぐに 牛乳のように固まらず 灰に覆われた火のように 愚者を焼きつつ付きまとう (片山一良先生 訳) 〇超訳の試み 魚はすぐには腐らない だんだん腐って毒をもつように 悪を行う愚か者は 悪からできた毒に苦しむだろう 〇子供のためのダンマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more