テーマ:愚公山を移す

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第20章 怒り 20偈、21偈

20 怒ることなく、身がととのえられ、正しく生活し、正しく知って解脱している人に、どうして怒りがあろうか? かれには怒りは存在しない。 21 怒らぬことと不傷害とは、つねに気高い人々のうちに住んでいる。怒りは悪人のうちにつねに存在している。___山岳のように。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more