テーマ:生臭経

過去仏の 見事な説法 苦行者は 謙虚な気持で 出家を願う<再252>

○ワン爺さんの独り言<252> ・・・ ソクラテスは 無知の知について述べました。 無知の知を知る人は賢者です。 謙虚な人です。 252.第2 小さな章 2.生臭経 14. ○中村元先生訳 252 目ざめた人(ブッダ)のみごとに説きたもうた ──なまぐさを離れ一切の苦しみを除き去る ──ことばを聞いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

尊き師 生臭について 説法し ヴェーダの達人 それを悟った<再251>

○ワン爺さんの独り言<251> ・・・ 本当に生臭でない人の 真実の言葉で 苦行者ティッサは 生臭を理解した。 第2 小さな章 2.生臭経 13. ○中村元先生訳 251 以上のことがらを尊き師(ブッダ)はくりかえし説きたもうた。 ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)はそれを知った。 なまぐさを離れて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

感覚に 注意を向けて 行えば 見聞きしたことで 汚染されない<再250>

○ワン爺さんの独り言<250> ・・・ 見れば欲しくなり、 聞けば楽しくなるけれど、 それで心が汚れることに 気づくべきなのだ。 第2 小さな章 2.生臭経 12. ○中村元先生訳 250 通路(六つの機官)をまもり、機官にうち勝って行動せよ。 理法のうちに安立し、まっすぐで柔和なことを楽しみ、 執著…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

肉魚 食べないことや 苦行では 生臭人間 浄化はできない<再249>

○ワン爺さんの独り言<249> ・・・ 苦行をすれば、 心は苦しくて、 優しくなれません。 だから、苦行はいけません。 第2 小さな章 2.生臭経 11. ○中村元先生訳 249 魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、 裸体も、剃髪も、結髪も、塵垢にまみえることも、粗い鹿の皮(を着ること)も、 火神…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

殺生は 貪瞋痴なり 死後地獄 これが生臭 肉食ではない<再248>

○ワン爺さんの独り言<248> ・・・ 貪る人間、 憎しみをもつ人間、 愚かな人間が生臭人間です。 生きものを殺す人間は その代表です。 第2 小さな章 2.生臭経 10. ○中村元先生訳 248 これら(生けるものども)に対して貪り求め、敵対して殺し、 常に(害を)なすことにつとめる人々は、死んでか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものを 殺し奪って たち悪い これが生臭 肉食ではない<再247>

○ワン爺さんの独り言<247> ・・・ どんな生きものも 死にたくはないのです。 それらの生きものは親がいます。 それらを悲しませてはいけません。 殺してはいけません。 247.第2 小さな章 2.生臭経 9. ○中村元先生訳 247 この世でほしいままに生きものを殺し、 他人のものを奪って、かえって…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

性格が 良くない人は 悪を為す これも生臭 肉食でない<再246>

○ワン爺さんの独り言<246> ・・・ 生まれつき悪い性格も あきらめてはいけない。 その気になれば、 直せます。 246.第2 小さな章 2.生臭経 8. ○中村元先生訳 246 この世で、性質が悪く、借金を踏み倒し、密告をし、 法廷で偽証し、正義を装い、 邪悪を犯す最も劣等な人々、 ──これがな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

怒り・驕り 強情・反抗 偽り・嫉妬 これらが生臭 肉食ではない<再245>

○ワン爺さんの独り言<245> ・・・ 怒りや驕り、 強情や反抗、 偽り・嫉妬は めらめらと 焦げる臭いがする。 245.第2 小さな章 2.生臭経 7. ○中村元先生訳 245 怒り、驕り、強情、反抗心、 偽り、嫉妬、ほら吹くこと、 極端の傲慢、不良の徒と交わること、 ──これがなまぐさである。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

行ないが 粗暴・残酷 物惜しみ これが生臭 肉食ではない<再244>

○ワン爺さんの独り言<244> ・・・ あいつは生臭だ。 友達を裏切った。 じゃ、お前はどうなんだ。 人に何もあげないだろう。 第2 小さな章 2.生臭経 6. ○中村元先生訳 244 粗暴・残酷であって、陰口を言い、 友を裏切り、無慈悲で、極めて傲慢であり、 ものおしみする性で、なんびとにも与えない…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲望を 制することなく 悪をなす これが生臭 肉食でない<再243>

○ワン爺さんの独り言<243> ・・・ 神々には 人間は臭いそうだ。 悪いことをする人間が 多いからだろう。 243.第2 小さな章 2.生臭経 5. ○中村元先生訳 243 この世において欲望を制することなく、 美味を貪り、不浄の(邪悪な)生活をまじえ、 虚無論をいだき、不正の行いをなし、頑迷な人々…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

殺生と 盗みと嘘と 姦淫が 生臭である 肉食でない<再242>

○ワン爺さんの独り言<242> ・・・ 生臭は 食べものによるものでは ありません。 悪いことをして 心が臭くなるようなこと。 第2 小さな章 2.生臭経 4. ○中村元先生訳 242 「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、 盗むこと、嘘をつくこと、詐欺、だますこと、 邪曲を学習すること、他人の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

苦行者は 菜食すべき 生臭は 止めるべきだと 非難した<再239.240.241.>

○ワン爺さんの独り言<239.240.241.> ・・・ 大切なことを知るために。 生臭坊主とは、 何か知るべきだ。 肉や魚を食べるからではない。 第2 小さな章 2.生臭経 1.2.3. ○中村元先生訳 239 「稷(キビ)・ディングラカ・チーナカ豆・ 野菜・球根・蔓の実を 善き人々から正しいしかた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

過去仏の 見事な説法 苦行者は 謙虚な気持で 出家を願う<252>

○少年少女のためのスッタニパータ252(14) ・・・ ソクラテスは 無知の知について述べました。 無知の知を知る人は賢者です。 謙虚な人です。 252.第2 小さな章 2.生臭経 14. ○中村元先生訳 252 目ざめた人(ブッダ)のみごとに説きたもうた ──なまぐさを離れ一切の苦しみを除き去る ─…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

尊き師 生臭について 説法し ヴェーダの達人 それを悟った<251>

○少年少女のためのスッタニパータ251(13) ・・・ 本当に生臭でない人の 真実の言葉で 苦行者ティッサは 生臭を理解した。 251.第2 小さな章 2.生臭経 13. ○中村元先生訳 251 以上のことがらを尊き師(ブッダ)はくりかえし説きたもうた。 ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)はそれを知っ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

感覚に 注意を向けて 行えば 見聞きしたことで 汚染されない<250>

○少年少女のためのスッタニパータ250(12) ・・・ 見れば欲しくなり、 聞けば楽しくなるけれど、 それで心が汚れることに 気づくべきなのだ。 250.第2 小さな章 2.生臭経 12. ○中村元先生訳 250 通路(六つの機官)をまもり、機官にうち勝って行動せよ。 理法のうちに安立し、まっすぐで柔和…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

肉魚 食べないことや 苦行では 生臭人間 浄化はできない<249>

○少年少女のためのスッタニパータ249(11) ・・・ 苦行をすれば、 心は苦しくて、 優しくなれません。 だから、苦行はいけません。 249.第2 小さな章 2.生臭経 11. ○中村元先生訳 249 魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、 裸体も、剃髪も、結髪も、塵垢にまみえることも、粗い鹿の皮(…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

殺生は 貪瞋痴なり 死後地獄 これが生臭 肉食ではない<248>

○少年少女のためのスッタニパータ248(10) ・・・ 貪る人間、 憎しみをもつ人間、 愚かな人間が生臭人間です。 生きものを殺す人間は その代表です。 248.第2 小さな章 2.生臭経 10. ○中村元先生訳 248 これら(生けるものども)に対して貪り求め、敵対して殺し、 常に(害を)なすことに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生きものを 殺し奪って たち悪い これが生臭 肉食ではない<247>

○少年少女のためのスッタニパータ247(9) ・・・ どんな小さな生きものも 死にたくはないと思っています。 お母さんとお父さんがいます。 それらの生きものを 悲しませてはいけません。 殺してはいけないのです。 247.第2 小さな章 2.生臭経 9. ○中村元先生訳 247 この世でほしいままに生き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

性格が 良くない人は 悪を為す これも生臭 肉食でない<246>

○少年少女のためのスッタニパータ246(8) ・・・ 生まれつき悪い性格も あきらめてはいけない。 その気になれば、 直せます。 246.第2 小さな章 2.生臭経 8. ○中村元先生訳 246 この世で、性質が悪く、借金を踏み倒し、密告をし、 法廷で偽証し、正義を装い、 邪悪を犯す最も劣等な人々、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

怒り・驕り 強情・反抗 偽り・嫉妬 これらが生臭 肉食ではない<245>

○少年少女のためのスッタニパータ245(7) ・・・ 怒りや驕り、 強情や反抗、 偽り・嫉妬は めらめらと 焦げる臭いがする。 245.第2 小さな章 2.生臭経 7. ○中村元先生訳 245 怒り、驕り、強情、反抗心、 偽り、嫉妬、ほら吹くこと、 極端の傲慢、不良の徒と交わること、 ──これがな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

行ないが 粗暴・残酷 物惜しみ これが生臭 肉食ではない<244>

○少年少女のためのスッタニパータ244(6) ・・・ あいつは生臭だ。 友達を裏切った。 じゃ、お前はどうなんだ。 何も人にあげないだろう。 244.第2 小さな章 2.生臭経 6. ○中村元先生訳 244 粗暴・残酷であって、陰口を言い、 友を裏切り、無慈悲で、極めて傲慢であり、 ものおしみする性で…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欲望を 制することなく 悪をなす これが生臭 肉食でない<243>

○少年少女のためのスッタニパータ243(5) ・・・ 悪いことをすると 生臭の臭いがたまる。 それが加齢臭かな。 神々には人間は臭いそうだ。 悪いことをする人が多いのかな。 243.第2 小さな章 2.生臭経 5. ○中村元先生訳 243 この世において欲望を制することなく、 美味を貪り、不浄の(邪悪…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

殺生と 盗みと嘘と 姦淫が 生臭である 肉食でない<242>

○少年少女のためのスッタニパータ242(4) ・・・ 生臭は 食べものによるものでは ありません。 悪いことをして 心が臭くなるようなこと。 242.第2 小さな章 2.生臭経 4. ○中村元先生訳 242 「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、 盗むこと、嘘をつくこと、詐欺、だますこと、 邪曲…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

苦行者が 菜食すべき 生臭は 止めるべきだと 非難した<239>及び<240><241>

○少年少女のためのスッタニパータ239.240.241. ・・・ 「あなたは肉や魚を食べながら 『私は生臭坊主ではない』とよく言うね。」 「あなたたち 生臭とは何か知っているのかい?」 239.240.241.第2 小さな章 2.生臭経 1.2.3. ○中村元先生訳 239 「稷(キビ)・ディングラカ・チーナ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more