テーマ:布施

布施をして 教法に適う 行動し 親族愛護 最高の幸<再263>

○ワン爺さんの独り言<263> ・・・ 困っている友達を 助けてあげれば、 友達は喜び、 自分も嬉しくなるよ。 第2 小さな章 4.吉祥経 6. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 6. 布施、教法に適う行い、 親族への責任を果たすこと、 咎(トガ)のない行為、 これが最上の吉祥 ○中村元先生訳 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

瞑想後 夜が明けたらば 村に行け 招待・持参 喜ぶなかれ<710>

○少年少女のためのスッタニパータ<710> ・・・ お布施された食べ物を 好きだ嫌いだと言ってはいけません。 喜んでもいけません。 修行のための身体を 維持するために食べるのです。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 32. ○中村元先生訳 710 ついで夜が明けたならば、 村里のほとりに去るべきである…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マーガさん 心浄めて 供養せよ 供養は施主の 専心事項<506>

○少年少女のためのスッタニパータ<506> ・・・ お布施の前も、 お布施をしている時も お布施の後も 喜びの心を持って行うように。 第3 大きな章 5.マーガ経 20. ○中村元先生訳 506 尊き師(ブッダ)は答えた、「マーガよ。祀りを行え。 祀り実行者はあらゆる場合に心を清らしめよ。 祀り実行者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

施しに 相応しい方とは どんな方? マーガ学徒は ブッダに尋ねた<489>

○少年少女のためのスッタニパータ<489> ・・・ 物をあげたくなる人は どんな人だろう。 好きな人、尊敬できる人、 お世話になっている人などだろう。 第3 大きな章 5.マーガ経 3. ○中村元先生訳 489 マーガ青年はいった、 「施しの求めに応ずる在家の施主、 福徳をもとめ福徳をめざして供物をさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マーガ学徒 ブッダに尋ねた 何者に お布施をすれば 功徳があるか<487>

○少年少女のためのスッタニパータ<487> ・・・ 布施という友達もいました。 福田という友達がいました。 仏教を勉強して、 その意味が分かりました。 彼らの顔を思い出します。 第3 大きな章 5.マーガ経 1. ○中村元先生訳 487 マーガ青年がいった、 「袈裟を着け家なくして歩む寛仁なるゴータマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

施主として 多くの人に 布施すれば 与える人に 多福が生じる<マーガ経の序>

○少年少女のためのスッタニパータ<マーガ経の序> ・・・ 昔、お釈迦様が王舎城の<鷲の峰>におられた時に、 マーガという学徒がやって来ました。 そして、布施について質問しました。 第3 大きな章 5.マーガ経 マーガ経の序 ○中村元先生訳 <マーガ経の序>  わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

悟られた あなたは福田 差し上げた 供物の果報は 大きなものだ<486>及び<結語>

○少年少女のためのスッタニパータ<486> ・・・ 福田(フクデン)とは 福が取れる田んぼです。 聖者のことです。 聖者に布施という種をまけば 福の芽がでます。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)32.結語 ○中村元先生訳 486 「目ざめた人(ブッダ)であるあなたさまは、お…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

偈を唱え 与えられる 食べ物を 釈尊辞退する 諸仏の如く<480>及び<481>

○少年少女のためのスッタニパータ480.481. ・・・ 聖者の行為には 見返りがあってはならない。 だから、お礼ではない お布施をするように。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)26.27. ○中村元先生訳 480 「詩を唱えて得たものを、わたくしは食うてはならない。 バラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

わが供物 真の供物 あるように 世尊よ受けて 食べて下さい<479>

○少年少女のためのスッタニパータ479. ・・・ 尊い立派な方が 目の前におられれば、 礼拝するだけでなく、 お布施もしたくなるものだ。 第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)25. ○中村元先生訳 479 「あなたのようなヴェーダの達人にお会いできたのですから、 わが供物は真実…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウポーサタ(布薩)で 心が清く 成ったなら 次の朝には 僧に布施せよ<403>

○少年少女のためのスッタニパータ403 ・・・ 良い結果がほしければ その原因を作ること。 良い成績がほしければ よく勉強をすること。 スッタニパータ403. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 28. ○中村元先生訳 403 ウポーサタを行なった <ものごとの解った人>は次に、 きよく澄んだ心で喜びな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

門口に 供えられたる 食べ物は 求める者への 信仰による<286>

○少年少女のためのスッタニパータ286. ・・・ 供養される人々は それに相応しい 生き方をしなければならない。 スッタニパータ286. 第2 小さな章 7.バラモン法経 3. ○中村元先生訳 286 かれらのために調理せられ家の戸口に置かれた食物、 すなわち信仰心をこめて調理せられた食物、 を求める(バラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

布施をして 教法に適う 行動し 親族愛護 最高の幸<263>

○少年少女のためのスッタニパータ263. ・・・ 困っている友達を 助けてあげれば、 友達は喜び、 自分も嬉しくなるよ。 スッタニパータ263. 第2 小さな章 4.吉祥経 6. ○日本テーラワーダ仏教協会訳 6. 布施、教法に適う行い、 親族への責任を果たすこと、 咎(トガ)のない行為、 これが最上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

完全に 煩悩をなくした 聖者には 見返りではない 食事布施せよ<82>

○少年少女のためのスッタニパータ82 ・・・ 見返りを期待しない 純粋なお布施を受け止められるのは 煩悩をなくした 後悔をしることをしない 大聖者だけ。 82.第1 蛇の章 4.耕作者バーラドヴァージャ経 7. ○毎田周一先生訳 そして迷いと執著とを離れ 悪行を鎮めてしまつた完き人 何ものも侵すことの出来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真実を 述べ怒らない 少しでも 求められれば 施すように(224)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ うそを言わないこと 怒らないこと 困っている人は助けること そうすると神様になれますよ ○パーリ語原文と訳語 サッチャン バネー    ナ   クッジェッヤ Saccaṃ   bha…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

愚か者 物惜しみして 嫌われる 賢い人は 布施を喜ぶ(177)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ けちな子供は愚かな子 何でも一人で抱え込み嫌われる 賢い子供は人気もの 何でも皆で分け合うよ ○パーリ語原文と訳語 ナ  ウェー  カダリヤー    デーワローカン ワジャンティ Na   ve   …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

356~359.田畑は雑草に荒されるように、人々は貪欲に荒される

ダンマパダ 第24 渇愛の章 356~359 ============================                  お 知 ら せ  本日2010年7月9日(金)(今日です。明日は「困った時はダンマパダ」の目次を掲載します。)に、「第24 渇愛の章」の356番から359番の詩を掲載いたします。この…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

308.熱い火炎のような鉄の玉を飲む方がましだ

ダンマパダ 第22 地獄の章 308 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します ○片山一良先生 訳 火炎のよう…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

177. 物惜しみする人々は天界に行くことはない

ダンマパダ 第13 世間の章 177 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 強欲の者は天界にいかず 愚か者は布施を称…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

109.丁寧な挨拶が習慣となり、常に年長者を敬うこと

ダンマパダ 第8 千の章 109 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します つねに敬礼の習いあり 長上の者を尊ぶならば 寿命・容色・楽・力の 四種の法が増大する (片山一良先生 訳) ○超訳の試み 丁寧な挨拶が習…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

108.正道の人を礼拝する方がすぐれている

ダンマパダ 第8 千の章 108 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します この世で年中、功徳を求め いかなる犠牲や供犠をしようと 直き者への礼拝がまさる すべては四分の一にも及ぼす (片山一良先生 訳) ○超訳の試み…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more