テーマ:ドータカ経

執著の 対象であると よく知って 生に対して 渇愛持つな<1068>

○少年少女のためのスッタニパータ<1068> ・・・ 見たり、聞いたりすることは すべて欲しくなるものだから、 無駄なものは 見たり、聞いたりしないこと。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)8. ○中村元先生訳 1068 師は答えた、 「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいて …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

最上の 安らぎ聞いて 歓喜して 気づきで行い 執著超える<1067>

○少年少女のためのスッタニパータ<1067> ・・・ 最上の安らぎを 知ったならば、 それ以上に ほしいものはない。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)7. ○中村元先生訳 1067 偉大な仙人さま。わたくしはその最上の安らぎを 受けて歓喜します。 それを知ってよく気をつけて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

伝承の 理法ではなく 目前の 理法説くから 執着超えよ<1066>

○少年少女のためのスッタニパータ<1066> ・・・ 言い伝えではなく 私が悟った安らぎを教えよう。 それを知って執著をなくせ。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)6. ○中村元先生訳 1066 師は言われた、 「ドータカよ。伝承によるのではない、 まのあたり体得されるこの安ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブッダ様 遠離の法を 説いてくれ 一人静かに 行じるために<1065>

○少年少女のためのスッタニパータ<1065> ・・・ みんなと一緒にお話したり、 騒いだりするから楽しいのに なぜドータカさんは 一人でいることを望むのだろう。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)5. ○中村元先生訳 1065 「バラモンさま。慈悲を垂れて、 (この世の苦悩から…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ドータカよ 自分で真理 知るならば この激流を 渡るであろう<1064>

○少年少女のためのスッタニパータ<1064> ・・・ 疑いのある者は 不思議なことですが、 いつも自分の望まない 選択をすることになります。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)4. ○中村元先生訳 1064 「ドータカよ。わたしは世間におけるいかなる疑惑者をも 解脱させ得ないで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無所有の 境地で振舞う ブッダ様 私の疑惑を 解いて下さい<1063>

○少年少女のためのスッタニパータ<1063> ・・・ 何ものも持ってなくとも満足し、 自由に生きているあなた様 私の迷いをなくして下さい。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)3. ○中村元先生訳 1063 「わたくしは、神々と人間との世界において 何ものをも所有せずにふるまうバラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドータカよ 私の声を よく聞いて 自分の涅槃 よく学ぶべし<1062>

○少年少女のためのスッタニパータ<1062> ・・・ お釈迦さまはこれから 大切なことを話しますから、 よく注意して、聞くようにと 仰られました。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)2. ○中村元先生訳 1062 師(ブッダ)が答えた、 「ドータカよ。では、この世でおいて賢明で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世尊様 あなたの言葉を 頂きたい 自己の涅槃は いかなるものか<1061>

○少年少女のためのスッタニパータ<1061> ・・・ ニルヴァーナ(安らぎ)とは、 いかなるものなのでしょうか? 安らぎを学びつつあることでしょうか? お釈迦さまのお話を聞きたいのです。 第5 彼岸に到る道の章 6.ドータカ経(ドータカ学生の問い)1. ○中村元先生訳 1061 ドーカンさんがたずねた、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more