テーマ:悩み

62.自己さえ自己のものではない

ダンマパダ 第5章 愚か者 62 「私に子あり、私に財あり」 愚かな者はこのように悩む 自己さえ自己でないものを どうして子がある、財がある (片山一良先生 訳) 〇超訳の試み 子供が心配、株価が下がったと 愚かな者は悩むけど 明日に自分の命があるのかな 何が子供か、何が財産か 〇子供の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

執着の基の卑しき渇愛に打ち負かされて憂いが増える(335)

ダンマパダ 第24章 渇愛 335、336 この世に執着する卑しい渇愛が 彼を打ち負かすならば 雨が降った後のビーラナ草のように 彼の憂いは増える(335) しかし、この世で克服し難い卑しい渇愛に 彼が打ち勝つならば ハスの葉の水滴のように 彼から憂いが消え失せる(336) ○この詩から学ぶこと  釈…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

愚か者子や財産で苦悩する自分自身も無我であるのに

ダンマパダ 62 私には子供がいる、私には財産があると 愚か者は思い悩む 自分には自分すらないのに なにが子供か、なにが財産か ○この詩から学ぶこと  世の中の現象は全て、原因と結果であります。そして、そのつながりなのです。しかし私たちは結果のみを見て、自分の望む結果であれば喜びますが、自分の望まない結果であれば…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more